新シーズンに向けた記者会見

新シーズンに向けた記者会見

インテル本社から生中継:2022-23シーズンのプレゼンテーション、全情報

 日本時間7日0時からインテル本社で2022-23シーズンに向けた記者会見が行われた。

「今日、象徴的に我々は新シーズンの最前線にいる。現在と未来について話す前に、我々にとってほろ苦い昨季の簡単なまとめをしたいと思う。 2つのトロフィーを獲得したが、リーグで2位。昨季、勝つことと勝てないことの違いは極僅かだった」

 さて、チャン会長に言及したい。全員にとって良いシーズンになることを祈る。昨季は監督交代という大きな発表から始まった。これは昨年の忙しい夏の後に築かれた良好な関係の成果だが、クラブ、オーナー、ファンに大きな満足をもたらした。生理学的な監督交代であったと言う人もいるかもしれない。監督はここに長く在籍するためのインテルの才能を持ち、周りでは最高の戦術家の1人になるために必要な全能力を兼ね備えていることを示した。

 この場を借りて、同僚のピエロ・アウシリオとダリオ・バッチンが競争力のあるチームを作るために一生懸命働いていることに感謝する。サッカーの基準は常に非常に高く設定されており、勝つために十分な勇気を持ち、負けることを恐れないようにする必要がある。既に競争可能である事実を示していることを頭に入れ、タイトルを獲得するつもりだ。今年の夏とパンデミック後でやや頻繁に使用された言葉、つまり財政面の安定から逸脱していけない。持続可能性は非常に重要であり、我々3人は特にクラブの舞台裏で働く全員と共に、我々の企業部門責任者アレッサンドロ・アントネッロと同様、実行していく計画と達成する目標を持っている。ただし、持続可能性は移籍市場で創造性を発揮できるため、競争力がないことを意味するものではない。移籍期間の5日目または6日目だが、異常な季節が近づいているが、まだ二ヶ月ある。シーズン前半にはリーグ戦14試合、チャンピオンズリーグ6試合の合計20試合があり、監督とスタッフの仕事量は困難を極める。これまでのサッカー界でこの様なシーズンはなかった。

 移籍のトピック:我々は監督に競争力のあるチームを与えたかったが、これまでに行った仕事はその約束の証拠だ。また常に我々を支え、このクラブのバックボーンであるファンにも感謝したいと思う。トロフィーキャビネットの数を増やすことを目指す。昨季に獲得した2つのタイトルは、経済的投資だけでなく、勤勉な文化と帰属意識によるものでもある。これは我々をトップに導くことができる2つの基本理念だ」

 スポーツCEOジュゼッペ・マロッタの発言が終わり、シモーネ・インザーギ監督がジャーナリストの質問に答えた:

通常と異なるシーズンが始まろうとしているが、どのようにアプローチするか?

「今季は三ヶ月間に20試合が行われ、その後リーグ戦が50日間中断するため、奇妙な年になるだろう。それは誰にとっても新しい挑戦であり、我々は既に取り組む方法を模索している。その50日間で準備はするが、それは全監督にとって新しい状況になるだろう」

あなたの電話についてと、ルカクが加入する可能性はいつ言われた?

「昨年、彼との良好な関係が始まり、今夏に彼を連れ戻すチャンスがあった。昨シーズンは最高の攻撃陣を擁したが、これは我々にとって大きな新加入選手だ。ロメルは強く、彼は自身のゲームの中に目標を持ち、我々に新しい解決策を与えるはずだ。しかし昨季の選手のことは忘れてはいけない。スクデットを勝点84で獲得できなかったことに後悔があったとしても、2つのタイトルを獲得した。今季が良いシーズンになることを願い、我々は再び熱意を持って進む」

目標は何?

「勝利。昨季の移籍市場で何が起こったのか分かっている。クラブのマネージャーたちは素晴らしかった。スタッフと一緒に、我々は袖をまくり上げて、初日から一生懸命働き、我々は素晴らしいサッカーをした。7月はそうではなかったが、人々はインテルが優勝候補だと言っていた。今季はACミランの背後からスタートするが、他5、6チームと一緒に最後まで戦う。困難なのは承知しているが、昨年と同じように優勝争いをしたいと思う」

もしシュクリニアルが離れたら、守備面で問題を引き起こすか?

「我々はディレクターが誰であるか、そして過去1年半に彼らが何をしたかを知っている。シュクリニアルは現在インテルの選手であり、昨季は素晴らしいシーズン過ごした。彼は我々と一緒にトレーニング合宿に参加する。次に、何が起こるかを見てみよう。我々はクラブと常に連絡を取り合っている」

昨シーズンの基準からどこでレベルを上げたいか?

「基準を上げるということは3冠を意味する、昨シーズンは僅か勝点2でリーグ優勝を逃した。昨シーズンからの多くの満足感はまだあった。最終節が終了後、スタジアム全体が歓声を上げ、2つのタイトルを獲得していたが、選手たちは3つ目のタイトルを望んでいたため涙を流した。今年もまた挑戦する。8月13日にレッチェ戦で始まる新シーズンには常に我々を支えてくれているファンが必要だ」

誰が正ゴールキーパーになるか?

「ハンダノビッチが正ゴールキーパーとしてスタートする、彼はそれを獲得するに値する素晴らしいシーズンを過ごした。オナナに何ができるかは誰もが知っている。彼は若く、未来であり、今年はチャンスを掴むだろう。我々は彼を信じている」

12ヶ月後で何を言っていると思うか?

「物事が計画通りに進んだ、と言えることを願う。昨年、私は多くの希望と願望を持っていた。昨季は私に多くの満足を与えたよ:トロフィー、チャンピオンズリーグ決勝ラウンド16到達。しかし、こだわっているのはファンとの相性だ。コッパ・イタリア決勝戦と同様に、最終節が思い浮かぶ。これらの記憶は永遠に私に残り続ける」

ディバラの最終的な加入は、更なる後押しになるか?

「我々はディバラをよく知っている。彼は多くの資質を持っているが、チームには6人のFW選手がいる。我々が言及した4人と、明るい未来を持っているピナモンティ、そしてサンチェス。だから今、他のプレイヤーについて話すのは正しくない」

契約更新後の気持ちは?

「本当に嬉しかった。私はクラブの経営陣および会長と素晴らしい関係を築いている。我々はインテルに最高のものを求めており、皆同じ方向に進んでいるよ。可能な限りすべてを整理する手助けをする人がたくさんいて、感謝している」

今季驚かせる選手はいるか?

「頭に浮かぶ名前は1つではない。彼らは皆、昨シーズン私が彼らに求めたことを実行した。高強度の試合が52あり、CL決勝ラウンド16では多くを費やしたが、上手くプレーしていた。もう一度全部をやるよ」

改善が必要だと思うことはあるか?

「昨シーズン、11年ぶりにCL決勝ラウンド16に到達したかった。常にもっと多くを出来るが、プレミアリーグチームは今のところ事実上無敵だが、我々はリヴァプール相手に良いゲームをした」

3-5-2に代わるものはあるか?

「プレシーズンにいくつかの新システムを試すが、私はこのフォーメーションが好きで、このシステムに合う完璧な選手がいる。我々には多くの選択肢があり、昨シーズン、例えばエンポリとのコッパ・イタリア・ラウンド16で、どのゲームに変化を加えられるかを目の当たりにした。ルカクとオナナについては多くの話し合いがあり、クラブが前に出て2人の才能のある若い選手を獲得した。私が常に好んでいて、チームとしてスイッチを入れる手助けをするムヒタリアンも当然いる」

あなたにとってどの大会でも最大限の力でプレーするのは大事だ:このチームはより競争的か?

「クラブは複数の優れた動きをした。今はラノッキアの退団の穴埋めをする必要があり、それに取り組んでいるよ。今季の狙う位はフィールド選手20名、良いレベルで二つの役割を担える選手、何故なら開幕戦から11月まで20試合あり、選手変更が必要となるからだ。そしてGK選手3名。さらにプリマヴェーラから3選手、我々のユースシステムは多くの才能を生み出している。ヴァレンティン・カルボーニと多くの信頼を寄せているカサデイを加えたい。ザノッティは昨季デビューを果たし、今季は複数人がデビューするのを願う。インテルでのし上がるのは困難だと知っているが、複数の選手をデビューさせられたらいいね。我々の若手選手を評価しているんだ。

インテルはルカクと共に多くの時間をプレーした。どう彼を最大限に活用するか??

「言うのは時期尚早だが、複数のアイディアがある。昨季はピッチの高い位置でボール奪取や、深いエリアでボールを奪うことを交互に行った。ロメルが少し違う何かを与えてくれるのは明白だ。ボールを奪取する場所が高いほど、得点のために走る必要が少なくなる。彼と既に良い結果を残した他FW選手との解決策は更に増えるだろう」

アスラニはどのような印象を与えたか?

「彼は若い選手で、年上に見える。彼はインテルで素晴らしい実績を残している選手が彼の前にいることを理解している。彼は過去半年で指数関数的に成長しており、我々はとても彼を信じているよ。」

今回の移籍市場は、試合中により変化を加えるための選択肢を導入することに関するものか?

「これまでの取り組みに誇りを持っており、今季は更なる改善に努める。簡単なことではないが、我々はインテルであり、勝つ必要があるんだ」

今は違う雰囲気があるか?冷静に基準を上げることに何が役立つか?

「私は幸運にもプレッシャーに対処できた。我々のコーチは毎日プレッシャーにさらされている - 私はそれがどの程度か分かっているよ。私には多大な責任があるが、私を成長させる。我々は何を成し遂げたかを知っており、今シーズンは何が起こるかを見ることになる。これまでにいくつかの素晴らしい仕事をしたことを知っているよ」

今回の移籍市場に何を期待しるか?カサデイは現在移籍市場に出ていないのか?

「カサデイはU19欧州選手権に参加した。彼は我々のチームに所属しており、決断はクラブ次第だ。昨年の記者会見では、ハキミが唯一の退団であると言われたが、移籍市場は予測不可能だ。私が保証できるのは8月13日、インテルは勝利欲を持った競争力のあるチームになるということ」

インテルのフォワード間にヒエアルキーはあるか?

「私は得点を多く奪うチームが好きだ。昨シーズン、リーグ最高の攻撃をした。今季は選手の1人がゴールデンブーツを獲得するのを願っている」

数値的に言えば、4人のストライカーがいると予想できますか?

「試合日程が過密で、5人目のアタッカーが必要なのは分かっている。それは若い選手になる。ピナモンティは多くのオファーを受けている確立された選手だ。 何が起こるか見ていく。彼は合宿のチームにいて、我々と一緒に来るだろうがしかし、通常チーム5番目のストライカーは若手選手だ」

ブレーマーの移籍は可能か?

「他チームの選手については話さない」

ルカクの加入後、ジェコと話をしたか?

「我々は代表期間のブレイク後、彼の気持ちについて話した。彼が去年どれほど重要だったか知っている。彼は上手くプレーして30得点を決めて、再び我々の更なる武器になるだろう」


Versión Española  English Version  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia 

INTER HQ PRESS CONFERENCE | SEASON 2022/2023 ⚫🔵

タグ: inzaghi 会見
Load More