アドリアーノ「インテルは第2の故郷。レアル・マドリード戦のフリーキックは吸い込まれるように入った」

アドリアーノ「インテルは第2の故郷。レアル・マドリード戦のフリーキックは吸い込まれるように入った」

インテルの伝説に捧げるCareersの最初のエピソードは、皇帝が質問に答えた。ロナウドからベストゴールまで、ファンへの特別なメッセージもご覧ください。

彼のシュートに秘められたパワーは、彼の言葉から生まれる余韻に似ている。アドリアーノがインテルについて語るとき、彼は「皇帝」と呼ばれた思い出を振り返り、ファンがテラスから彼に捧げた歓声を浴びさせ、ウディネーゼ戦で60メートルを突進して決めた見事なゴールを思い出すことによって、他人と自分自身に感情を起こす能力を持っているのだ。才能、そして純粋なサッカーへの情熱、ゴールネットを揺らすことへの絶えない欲望によって、ブラジル人選手はクラブで74ゴールを挙げ、定期的にファンを席から立たせていた。

Inter TVで伝説的な選手を紹介するシリーズの最初のエピソードは、アドリアーノがクラブでの初ゴールで幕を開けるというものである。

「19歳のときにインテルでデビューしたレアル・マドリード戦のフリーキックのことは、よく覚えていますよ。[クラレンス]セードルフと僕は、その試合までの1週間、トレーニングでフリーキックの練習をしていて、彼は僕のボールの強さを見ていた。マルコ・マテラッツィが欲しがっていたのに、『これはアドリのだ』と勧めてくれたんです。彼が僕を信頼してくれていると感じられたことは、自分にとって重要なことでした。インテルに移籍したばかりの僕は、幸運にも見事なゴールを決めることができ、入った瞬間信じられませんでした。19歳だった私にとって、インテルでプレーすることは夢のようなことでした。クラブにはトップ選手がいて、自分もチームの一員だった。彼らと一緒にプレーできることは、とてもラッキーなことだと感じていました。僕にとっても、家族にとっても大きな出来事でした。自分の力をどうしても見せたかったし、それが自信につながった。

「これはロナウド、セードルフ、そして若き自分です。あのレベルの選手たちと一緒にいることは、信じられないことでした。今振り返っても、不思議な感じです。ロナウドと比較されることがあるかというと、そんな話は聞きませんでした。彼は 「フェノーメノ 」であり、キャリアを通じてそれを示していましたが、私は同じではありません。彼の家に住んでいた時期があったので、よくラ・ピネティーナに連れて行ってもらいましたが、「進みたければ、家族を助けるために戦い、常に前を見ていなければならない」といつも言われていたのを覚えています。彼は私にとって兄のような存在でした。

「見返すと、いまだに信じられないようなゴールもあります。理解ができないんですよ!あのときは、調子がよくて、いろいろなことに挑戦して、それがうまくいった。頭の回転がよくて、調子がいいと、信じられないようなことが自然に起こるんです。ウディネーゼ戦では、素晴らしいゴールを決めることができました。その試合の直前にブラジルに帰国し、時差ボケでほとんど休めなかったのですが、それでもプレーしたかったんです。何を考えていたかというと、ただひたすらゴールに向かって走っていました。3人の選手が僕の前に立ちはだかった。1人目をかわし、残りの2人がボックス内に後退したので、左側に回り込んでボールをゴール前に突き刺したら相手はどうすることもできなかったんだ。コパ・アメリカの決勝戦でのゴールと並んで、私のキャリアベストゴールだと思います。私は、若い頃と同じように、いつも自分らしく生きて、いつも周りの人の意見に耳を傾けてきました。常に学ぶべきことがあるので、人の話に耳を傾けなければなりません。もっともっと向上するために、謙虚でなければならないのです。

「ミラノダービー は 「ブラジル対アルゼンチン」に少し似ている。選手として大きな責任がある。あの試合にはすべてがかかっているし、たくさんの感情が渦巻いている。ダービーのためにスタジアムに戻ったとき、頭の中で映画が再生されていたようで、とても感動した。あの試合がどんなものかは、実際にプレーしてみないとわからない。その試合に向けては、全員が集中し、いい結果を出そうと必死でした。また、ダービーでは大きな責任がある。自分が元気なときは、僕を止めるのは難しい。もし私がベストな状態でプレーしていなかったのに、突然トップパフォーマンスを見せたら、マテラッツィはいつも『皇帝が戻ってきた!』と言っていたよ。私にとって重要なのは、ピッチに立つときはいつも、チームを助けるために全力を尽くすことでした。つらいときもインテルはいつも私を支えてくれました。選手としてだけでなく、兄弟として見てくれる仲間がいたことは、僕にとってとても大切なことで、みんなに感謝しています。

「ファンの皆さんには、いつもたくさんの愛情を注いでいただいているので、感謝しなければなりません。「皇帝 」という名前をつけてくれたが、それが自分にどう関係しているのか、今でも理解するのに苦労している。だが、イタリアに来るたびに、私はとても愛されていると感じ、とても幸せな気持ちになります。ここはずっと、これからも私の第二の故郷です」。


Versión Española  Versione Italiana  中文版  English Version  Versi Bahasa Indonesia 

Load More