インザーギ監督:「素晴らしいシーズンが並外れたものになってたかもしれない。」

インザーギ監督:「素晴らしいシーズンが並外れたものになってたかもしれない。」

ネラッズーリの監督は、サンプドリア戦で3-0と勝利した後、次のように語った。

ミラノ – インテルの2021/2022年シーズンは日曜日にサン・シーロで行われたサンプドリア戦での3-0の勝利で幕を閉じた。ユヴェントス相手にイタリア・スーパーカップ、コッパ・イタリアを制した後、勝ち点84でリーグ順位を2位で終えた。 

日曜日のパフォーマンスとシーズン全体について、インテルのシモーネ・インザーギ監督は次のように振り返った。「主な感情は、大きな誇りだ。今日は特別な日であったし、スタジアムに到着した瞬間から、ファンは我々を歓迎し、信じられないような光景で挨拶をしてくれた。このグループの功績は大きい。素晴らしいシーズンとなり、並外れたものになっていたかもしれないが、皆はよく頑張ってくれた。スタジアムのファンから最後にもらった拍手は、本当に格別だった。

「リーグ戦を勝ち点84で終えることができたのは、とても素晴らしいことだ。振り返ると、リヴァプールとの2試合の時期で余り勝ち点を獲得できなかった時期が最終順位に影響した。ただ、大事なトロフィー2個も獲得し、チャンピオンズリーグでは16強に進出することができました。2位で終わるのが好きな人なんていないけど、去年の7月にここまでたどり着くなんて想像もしませんでした。もちろん、ここリーグ戦10戦中で9勝してシーズンを終えたのだから、苦い思いは少ししています。

「ミランにはおめでとうと言いたい。ミランとはシーズン中4回対戦し、カップ戦ではインテルが勝ちました。昨年の7月には誰もインテルがここまで来るとは思っていなかったが、11月には優勝候補と呼ばれるようになった。それは選手たち、私、スタッフ、そしてサポートしてくれた全員すべてが頑張った証だ。私たちは美しいサッカーをしてきたし、常に多くのチャンスを生み出してきた。このプレースタイルとチームの中に、自分がプレーした時を思い出したよ。」

今後については、「近日中に会長やクラブと会い、このチームの将来について話をする予定だ。私たちの希望は、最善を尽くして進み続けることです。


English Version  中文版  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  Versión Española 

Load More