バストーニ:「私たちは何も与えない」

バストーニ:「私たちは何も与えない」

DFは、カリアリに3-1で勝利した後、感想を語る。

カリアリ – コッパ・イタリア決勝を制したネラッズーリは、数日後マッテオ・ダルミアンとラウタロ・マルティネスのゴールでカリアリに3-1で勝利し、アウェーで再び勝利を収めた。 

試合後、アレッサンドロ・バストーニはメディアの取材に応じ、次のように感想を述べた:

「試合前のロッカールームでは、勝ち点を落とさないように、そして誰にも何も与えないようにしようと言われた。今シーズンのセリエAでは、最後の一蹴りまでスクデット獲得の可能性を残しておきたい。だが、アウェーでカリアリに勝つのは簡単なことではないことは知っていた。

「前向きに進みます。サンプドリア戦に勝つために準備を始め、その後に他の結果がどうなったかを見ることになる。勝ち点を落とした悔しさが残っているのは確かだが、それにこだわっていても仕方がない。個人的には、怪我から回復したので順調です。シーズンが終わってしまうのは残念だけど、イタリア代表に加わる準備はできている。

「イヴァン・ペリシッチについては、彼は相変わらず絶好調で、まさにプロフェッショナルだ。つい3日前も試合終了間際まで全力で走っていたが、今日もまた他のどの選手よりも元気な姿を見せてくれた。私は彼と冗談を言いながら、こう尋ねました。「何を食べたら、こんなに強くなれるんだ?」その後、彼がパンとアボカドとチキンを食べているのを見たので、そういうことなんだと思います!」


 


Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  English Version  中文版 

Load More