カイセド:「インテル初のエクアドル選手であることを誇りに思う」

カイセド:「インテル初のエクアドル選手であることを誇りに思う」

我が新FWは、InterTVに独占的に語った:「インザーギとチームとのトレーニングをするのが待ちきれません」

ミラノ フェリペ・カイセドは、クラブに加入してから初のインタビューでInter TVと話し、興奮、喜び、そして新しいチームメイトと早速プレーしたいという願望が混ざり合っていた。

インテルの選手になることにどれほど興奮していますか?
"私は非常に興奮しています。ここで成功したいです。まず、コーチのインザーギが私をここに連れてくるために最善を尽くしてくれたことに感謝したいと思います。早速インテルのトレーニング、そして試合に参加するのが待ちきれないです。私は自分の国を代表し、インテルでプレーする初のエクアドル人であることを本当に誇りに思っています。私はとても幸せで、ここでとてもうまくやれると思います。」

ラツィオで4年間一緒にいたインザーギと再会します。彼と再び一緒に仕事をすることにどれほど熱心な思いを持っていますか?また、インテルに参加するというあなたの決断において、彼はどれほど重要でしたか?
「はい、私はラツィオで4年間彼と一緒に仕事をしましたが、今では再び連絡を取り合うことができました。彼は本当に重要でした。彼は私にすぐに加入するように説得した。ですから、私は感謝しており、彼の下で再びトレーニングを開始するのが待ちきれません。」

新しいチームメイトとはすでに話しましたか?ホアキン・コレアは、インテルシャツを着ることの意味を教えてくれましたか?
「はい、私はトゥクと話しました、そして彼は私にすべてを説明しました。また彼に会えるのが楽しみです。私たちはラツィオで3年間チームメイトでした。私も彼がいなくて寂しかったので、彼と一緒に再びプレーができてうれしいです。」

ラツィオにいる間、あなたは試合終盤に決定的なゴールを決めるコツを持っていました。90分後には6ゴールを決めました。インテルでも同様のコツを開発し、先月のアディショナルタイムで3試合に勝ちました。あなたはちょうどいいクラブに来たようですね!
「そうだといいですね。そのようなことができるように日々努力し続けますが、それ以前に得点できれば、それはさらに良いことですけどね!」

サン・シーロであなたを見守っているファンへのメッセージはありますか?
「ありがとうと言いたいだけです。ピッチに出ることが待ちきれません。Forza Inter!」


Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  English Version  Versione Italiana 

Load More