インテルナショナルズ:ネラッズーリが計1,566分出場、6名がワールドカップ出場決定

インテルナショナルズ:ネラッズーリが計1,566分出場、6名がワールドカップ出場決定

インターナショナルブレイクで、それぞれの代表チームに出場したインテル選手12名が活躍

ミラノ – 今年最後のインターナショナルブレイクはワールドカップ予選が注目を浴びた、12人のインテル選手がそれぞれの代表チームに活躍。ネラッズーリの代表選手はそれぞれピッチで合計1,566分プレーした。

アルゼンチンvブラジルとの順位トップ2の衝突とチリvエクアドル戦がインターナショナル試合を締めくくり、世界中多くのチームがワールドカップへ行けるかの運命が決まり始めた。

ワールドカップに到達するために3月にプレーオフを乗り越えなければならないロベルト・マンチーニのイタリアにとって、今週は残念な結果となった。夏のEURO2020の魔法がほとんど消え、ニコロ・バレッラがアズーリの唯一のインテル代表となり、アレッサンドロ・バストーニは出場機会がなかった。

マルセロ・ブロゾヴィッチ、イヴァン・ペリシッチ、ステファン・デ・フライ、デンゼル・ダンフリーズ、ラウタロ・マルティネスとホアキン・コレアのデュオは来年のワールドカップに参加する事が既に決まり、お祝いが始まった。

クロアチアはロシアに勝利し、オランダはノルウェーに2-0の勝利によりそれぞれ来年の出場が決まった。ハカン・チャルハノールのトルコはプレーオフでアズーリと対戦することになった 。最後に、アルゼンチンのブラジルのスコアレスドローにより、予選4試合を残すラウタロとコレアのアルゼンチンが早くもカタール2022への切符を獲得した。

ミラン・シュクリニアルのスロバキアのワールドカップの夢は消え、チリとウルグアイは最大のステージに戻るのにかなり険しい道のりになった。ラ・ロハはアレクシス・サンチェスのコーナーからのゴールでパラグアイを破り、ゲームの唯一のゴールをもたらしたが、エクアドル戦で敗北した。マティアス・ベシーノのウルグアイは連続敗北に巻き込まれたが、4位(出場決定)と5位(プレーオフ)のレースはまだ続く。

イタリア | バレッラ133分出場
Italy 1-1 Switzerland | 69 minutes for Barella
Northern Ireland 0-0 Italy | 64 minutes for Barella

クロアチア | ブロゾヴィッチ135分、ペリシッチ144分出場
マルタ1-7クロアチア| ペリシッチ54分とゴール、ブロゾヴィッチ45分
クロアチア1-0ロシア| ペリシッチ90分、ブロゾビッチ90分

スロバキア | シュクリニアル180分出場
スロバキア2-2スロベニア| シュクリニアル90分
マルタ0-6スロバキア| | Sシュクリニアル90分

トルコ | チャルハノール172分出場
トルコ6-0ジブラルタル| チャルハノール82分
モンテネグロ1-2トルコ| チャルハノール90分

オランダ | ダンフリース180分、デ・フライ90分出場
モンテネグロ2-2オランダ| ダンフリース90分、デ・フライ90分交代
オランダ2-0ノルウェー| ダンフリース90分

アルゼンチン | ラウタロ100分,コレア90分出場
ウルグアイ0-1アルゼンチン| ラウタロ55分、コレア45分
アルゼンチン0-0ブラジル| ラウタロ45分、コレア45分

チリ | サンチェス126分 , ビダル97分出場 
パラグアイ0-1チリ| サンチェス90分、ビダル84分
チリ0-2エクアドル| ビダル13分に退場、サンチェス36分に交代。

ウルグアイ | ベシーノ119分出場
ウルグアイ0-1アルゼンチン| Vecino 64分
ボリビア3-0ウルグアイ| Vecino 45分


Versione Italiana  English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española 

Load More