インテルスタッツ | ペリシッチ、両足でペナルティ決める

インテルスタッツ | ペリシッチ、両足でペナルティ決める

オリンピコでの敗戦後、ネラッズーリのスタッツや情報

土曜日にスタディオ・オリンピコでラツィオに3-1で敗れ、インテルはセリエAで今シーズン初の黒星を味わった。試合はイヴァン・ペリシッチのペナルティで始まり、後半にチーロ・インモービレ、フェリペ・アンダーソン、セルゲイ・ミリンコヴィッチ・サヴィッチのゴールによりホーム側が逆転勝利。

これは、過去30のセリエAの試合でのインテルのたった2度目の敗北であり、最後の敗北は、スクデットをすでに獲得されていた後のユベントスとの敗北だった。
インテルはリードを失う立場となったが、これはめったに起こらない事である。ネラッズーリは、2019/20シーズン後半のボローニャ戦以来、ゴールを決めた後、セリエAの試合では負けていなかった。

ペリシッチ、ペナルティで両足を武器に
ワルテル・ゼンガは、アンディ・ブレーメについて話しているときにこう言った。彼は私に10のペナルティを蹴り、5つは右、5つは左でした。彼は怪物でした。」壊滅的な左足で有名なドイツのフルバックは、試合の最後の数分間、アルゼンチンに対するペナルティで1990年のワールドカップ決勝で勝利のゴールを決め、右足で勝ち取った。彼はおそらく、純粋に両足のプレーヤーの最良の例の1つである。
ネラッズーリのジャージでは、近年、ロナウドの他に、ウェスレイ・スナイデルが両足で最も能力を発揮した選手である可能性がある。現在のインテルチームを見たときの彼の相続人は確かにイヴァンペリシッチだ。当然のことながら右足の選手であるが、彼は2018年のワールドカップ決勝で左足のストライキでゴールする。彼が左足でフリーキック、さらにはペナルティを打つのを見るのは珍しいことではない。
ラツィオに対して、彼は右足でペナルティスポットから得点し、ペペ・レイナを破った。ペリシッチがインテルシャツを着用してから3回目のスポットキックであり、3回目の得点であった。彼は2018/2019シーズンにフロジノーネとフィオレンティーナに対して2つペナルティゴールを奪い、どちらも、左足でゴールキーパーを間違った方向に送って決めた。
土曜日の試合で、クロアチア人は右足で攻撃し、セリエAで、オプタが2004/05シーズンにデータの収集を開始して以来、少なくとも1つの右足と少なくとも1つの左足のペナルティを獲得した初の選手となった。また、このゴールによりペリシッチのネラッズーリとしてのゴールは合計47となった。

インテルと序盤のゴール

インテルは12分にラツィオをリードし、今シーズンのネラッズーリらしい展開であった。これでインテルはが最初の15分で得点した五つ目のゴール。ヴェローナだけがより多い記録を持っている(6)。


中文版  English Version  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana 

LAZIO-INTER 3-1 | HIGHLIGHTS

Load More