ラツィオvインテル スタッツ集

ラツィオVインテル スタッツ集

土曜日のオリンピコでの衝突の前にいろいろなスタッツをどうぞ

 ミラノ – インターナショナルマッチ後、ネラッズーリは土曜日にラツィオに対しシーズンを再開する。セリエA第8節は、CEST18:00、スタディオ・オリンピコで開催される。

試合前のスタッツを入手するために読んでください!

ラツィオvインテルの以前の試合
両チームの間に156のリーグ戦の歴史がある中、65のインテル勝利、54の引き分け、37のラツィオ勝利。

ネラッズーリは、過去10回のセリエA試合のうち、6勝、2引分、2回負けている。他のどのチームに対しても、ラツィオは2016/17以降、勝ったゲームが少ない。

インテルは、ラツィオとの最後の4回のセリエAの出会いのそれぞれでゴールを決めている。

オリンピコでのバトル
セリエAで4試合連続で勝利を収めた後、ラツィオはローマでのネラッズーリ(D2、L4)との最後の7試合のうち2試合しか勝利していない。

オリンピコでのインテルが次に決めるゴールは、セリエAでのラツィオのグラウンドでの100点目になる。

以前のラツィオvインテル戦での過去78試合中、27回のホーム勝利、29回の引き分け、22回のアウェー勝利となっている。

フォーム
インテルは、今シーズン初7リーグ戦のうち5つの勝利、2引き分けで、17ポイント獲得でこの試合に参加する。

マウリツィオ・サッリの部下は、前回の試合でボローニャに3-0で敗れ、今シーズン2回目の敗北となり、現在11ポイントを獲得している。しかし、彼らはセリエA(W14、D2)での過去16のホームゲームで無敗である。これは、2002年に22回のホームゲームを負けず以来のベストランである。

インテルは初めて、最初のリーグ7戦のそれぞれで2つ以上のゴールを決めている。これまでに得点された22ゴールは、8試合後に25ゴールの記録を樹立した1950/51年以来、この段階でのネラッズーリの最高のリターンを表している。

昨シーズンも取り入れたら、インテルは12試合連続で2ゴール以上を獲得し、合計で39回の得点を挙げている。

トリビア
インテルは今シーズン、セリエAでこれまでに11人の異なる得点者を誇る。ヨーロッパの上位5リーグでは、今期のスコアシートでチェルシーだけがより多くの選手(12)がゴールを決めている。

シモーネ・インザーギのチームは、ヨーロッパの上位5リーグのなか、他のどのチームよりも多くの先制ゴール(7)を獲得している。

土曜日のオリンピコでの対決では、リーグの前半の最高得点者(ラツィオ、9ゴール)が後半の最高得点者(インテル、14)と対戦する。


 

選手
ラツィオvインテルは、セリエA現在の得点王トップ3、エディン・ジェコ、チーロ・インモービル、そしてラウタロ・マルティネスをすべて同じピッチで見ることができる。

過去4シーズンのうち2シーズンのリーグ得点王はラツィオまたはインテル選手だ。

ジェコは、インテルの最初の7つのリーグ戦で6ゴールを決めた。インテルでのデビューシーズンの最初のセリエA7戦で、ネットを7回見つけたのは、イストヴァン・ナイアーズ(1948/49年に8ゴール)、アメデオ・

アマデイ(1948/49年に7ゴール)、ブルーノ・クアレシマ(1947/48年に7ゴール)の3人だけです。

ボスニア人はラツィオに対し3つのセリエAゴールを決めた経験を持つが、ラツィオとの最後の10試合で1度しか得点していない。

今シーズンのリーグで、ジェコ(3)より多くのヘディングゴールを獲得した選手はいない。

過去3シーズン、ラウタロ・マルティネスは、最初のセリエA6戦の出場で3ゴールを超えることはなかったが、今シーズンすでに5ゴールを挙げている。

ニコロ・バレッラは今期、他のどのセリエA選手よりも多くのアシスト(5)を提供しており、すでに彼のキャリアベストからわずか2つ(2020/21年には7つ)に迫っている。

ミラン・シュクリニアルは、サンプドリアでプレーしている間、2016年4月にラツィオに対してセリエAデビューを果たした。彼の次のインテルとの勝利は、インテルとのすべての大会で彼の100回目となる。

アルトゥーロ・ビダルは、セリエAでラツィオに対し4ゴールを奪った。彼にとってこれ以上得点したチームはない(ローマに対しても4ゴール)。


English Version  Versi Bahasa Indonesia  中文版  Versión Española  Versione Italiana 

Load More