インテルナショナルズ: 14人の選手、2,528分、5つのゴール

インテルナショナルズ: 14人の選手、2,528分、5つのゴール

ネラッズーリの国際的任務でのパフォーマンス、完全なまとめをお届け

ミラノ – 南米ワールドカップ予選でステージの最終ラウンドは木曜日の夜に行われ、各選手のインターナショナルブレークの終わりを告げた。

合計14人のインテル選手がネイションズリーグとワールドカップ予選に参加し、フィールドで合計2,528分を記録した(追加時間を除く)。ラウタロ(2)、バレッラ、ペリシッチ、ダンフリースのゴールにより、ネラッズーリの選手が5得点を挙げた。

完全なまとめは以下の通り:

南米:ラウタロがアルゼンチンのW杯への道をリード

アルゼンチン

ラウタロ:150分プレー、2ゴール
コレア:106分プレー

パラグアイvアルゼンチン戦を逃したラウタロ・マルティネスは、ウルグアイとペルーに対し、両試合でネットを見つけた。ペルーに対するマルティネスのゴールは、アルゼンチンの1-0勝利の唯一のゴールであったため、特に重要であった。ホアキン・コレアも使用され、ウルグアイとペルーの両方に対しマルティネスとの交代でベンチから起用された。

過去2週間のマルティネスの2ゴールは、2018年3月にデビューして以来、代表17点目を記録したことになる。リオネル・スカローニが2018年9月からアルゼンチンの監督に就任して以来、マルティネスは17ゴールと得点王となってる。

アルゼンチンはブラジルに次ぎ南米予選グループで2位に定着、カタール2022の予選に向けて順調だ。

チリ

ビダル:180分プレイ
サンチェス:180分プレイ

チリの状況はもう少し複雑である。現在、彼らは5位でプレーオフのポジションを占めているウルグアイに3ポイントを追う状況である。チリは最初の試合でペルーに敗れたが、パラグアイとベネズエラに勝利し、アレクシス・サンチェスが3つのアシストを提供し、2度の勝利をもたらした。アルトゥーロ・ビダルは怪我によりペルーの試合に出場できずも、他2試合で出場した。

ウルグアイ

ベシーノ:245分プレー

ウルグアイは厳しい国際試合ブレイクに耐えた。アルゼンチンとブラジルに大きく敗れ、コロンビアと引き分けて、可能な9点から1点しか勝ち取ることしかできず。マティアス・ベシーノは3試合それぞれスタートし、アルゼンチンとコロンビアに対して90分間フル出場した(彼は後半にブラジルと対戦した)。ウルグアイは5位で、コロンビアと同ポイント、エクアドルを1ポイント追う立場になっている。
 

ネイションズリーグとワールドカップ予選:バレッラ、ダンフリース、ペリシッチらゴール決める

イタリア

アレッサンドロ・バストーニ:180分プレー
ニコロ・バレッラ:141分プレー、1ゴール

ロベルト・マンチーニのイタリアは、UEFAネーションズリーグ決勝大会に3人のインテル選手を招集し、初めて招集されたフェデリコ・ディマルコが、アズーリキャンプでニコロ・バレッラとアレッサンドロ・バストーニと加わった。しかし、ディマルコは両試合ともベンチから出場機会が訪れず、左SBのシニアデビューはお預けに。バストーニとバレッラは両試合スタメンだった。

イタリアはサンシーロでの準決勝でルイス・エンリケのスペインに2-1の敗北を喫し、バストーニは90分フル出場、バレッラは71分で交代された。バストーニとバレッラはともにトリノでベルギーとの3位決定戦でスタメン選出され、イタリアが2-1で勝利した。70分に交代される前に、コーナーから見事なボレーでゴールを決めたのはバレッラだった。バストーニはもう一度フルの90分出場し、イタリア代表9度目の出場を果たした。一方、バレッラは現在33キャップを獲得し、7ゴールを決めている。

オランダ

ステファン・デ・フライ:180分プレー
デンゼル・ダンフリース:180分プレー、1ゴール

オランダは、両方のワールドカップ予選で勝利を飾った。ラトビアを1-0で破った後、ジブラルタルを6-0と圧勝、ノルウェーとトルコに先んじてグループGのトップを維持した。ステファン・デ・フライとデンゼル・ダンフリースはどちらも2試合フル出場し、ジブラルタルとの試合ではダンフリーズがヘッダーで得点した。ダンフリースはヨーロ2020大会の夏に2回得点した後、代表3度目のゴールを決めた。
 

トルコ

ハカン・チャルハノール:180分プレー

オランダと同じグループに競うハカン・チャルハノールのトルコは、後半のアディショナルタイム9分に得点したブラク・ユルマズのペナルティのおかげで、ラトビアを2-1で破り、ノルウェーと1-1で引き分けた。チャルハノールは両ゲームともにスタメンフル出場、トルコ代表合計64試合出場した。

クロアチア

ペリシッチ:180分プレー、1ゴール
ブロゾビッチ:176分プレー

イヴァン・ペリシッチとマルセロ・ブロゾヴィッチのクロアチアはキプロスを3-0で下し(ペリシッチが開幕ゴールを決めた)、チームメイトであるミラン・シュクリニアルのスロバキアを2-2で引き分けた。その結果、ロシアはズラトコダリッチのチームを飛び越し、ワールドカップ予選グループDのトップに立った。

スロバキア

シュクリニアル:180分プレー

ミラン・シュクリニアルのスロバキアは、2試合で1ポイントを獲得し、グループHで計10ポイントを獲得している。シュクリニアルは、初試合でロシアにオウンゴールを決めてしまい1-0で敗れた不幸な主人公であった。その後スロバキアvクロアチアの2-2引き分けの試合でインテルのディフェンダーが活躍した。

ボスニア・ヘルツェゴビナ

ジェコ:180分プレイ

エディン・ジェコは、ボスニア・ヘルツェゴビナがウクライナとのドローに次いでカザフスタンを破ったため、可能ある6ポイントから4ポイント獲得。インテルFWは2試合でネットを揺らがすことはできずも、ポストを叩き、カザフスタンに対し勝利のアシストを提供し、両試合ともフル出場を果たした。ボスニア・ヘルツェゴビナはグループDで4位のままである。


中文版  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  English Version 

タグ: 代表選手
Load More