I M Together | ルカク「ブラザーズによるグループ、ここでプレーすることを誇りに思う」

I M TOGETHER | ルカク「ブラザーズによるグループ、ここでプレーすることを誇りに思う」

 ネラッズーリのシーズンの映画:ベルギー人ストライカーの特別インタビュー

I M TOGETHER:インテルのスクデット・シーズンのレビュー、2020-21シーズンの映画が今日インテルの公式YouTubeチャンネルとインテルTVで初公開された。

 インテル・メディアハウス制作、Credit Agricole提供のこの映画では、新しいロゴの導入など歴史的な瞬間も含むネラッズーリの卓越したシーズンが語られる。

 以下のコメントは、ネラッズーリの今季についての映画で特別公開されたロメル・ルカクのインタビューからの引用だ:この記事の最後の動画で視聴することができる。

ヨーロッパリーグ決勝後と2020-21シーズン開幕時の感情について:「セビージャ戦の後は最も難しい瞬間だった、僕のキャリアにおいて一番難しかったと思う。でも3、4日後の朝に目覚めた時に、今年はこのチームと一緒にタイトルを獲得する、勝つために全てを捧げようと自分に言い聞かせた。最初のトレーニングではたくさんの選手が信じられないほど貪欲になっているのを見た。そしてこの1日目から僕は自分に言った:僕たちは今年成し遂げられる」。これは物語の冒頭のロメル・ルカクの言葉だ。

最初のダービーでの敗北について:「この試合で僕たちの方が強いチームだと知っていたし、彼らよりも多くのチャンスを作った。でもこの試合がチームにスクデットを目指す旅を始めるエネルギーを与えた」

チームのコンセプトについて:「ニコロ、ラウタロ、ブロゾヴィッチ、それに僕は皆少しクレイジーだ。でも僕たちにはそれが必要だ、それが僕たちにエネルギーを与える。僕にはニコロが必要だ、どのチームも闘う準備ができている選手を必要とする。このチームは僕の知るどんなチームとも違う。僕たちは本当に素晴らしいブラザーズによるグループで、全員一緒に闘いに挑み、苦しんでいる者がいれば常にパートナーを助ける誰かがいる。僕たちは諦めたりしない、常に勝つためにプレーする」

ラウタロとの理解について:「ラウタロのお父さんに会った時、僕たちは10分間話をした。そこで僕たちは2年以内に一緒に何かのタイトルを獲得するだろう、と彼に言ったんだ。彼のスキルは僕にとってパーフェクトだ、なぜなら彼はどのようにディフェンダーに向かうべきかを知っているからだ。彼の加速は信じられないほどだし、常に動いていて、彼がボールを持った時はいつも僕には解決策がある。僕たちはチームが一番重要だとわかっているし、僕たちのどちらかが好調の日は、それが彼にとって最高の日になるように全力を尽くす。今年はこのパートナーシップがより一層良くなったが、今後も改善し続けてもっと多く勝利できることを願っている」

クロトーネからの帰路でのルカクのスピーチ:「君たち全員が多くを成し遂げた、君たちがこのチームをチャンピオンにした。そして僕たちはこのように続けていかなければならない。君たちと共にプレーすることを、僕は本当に誇りに思う」

 スクデットが決まった日について:「あの日早くに、僕はチームメイトにアタランタはサッスオーロ相手に引き分けると言った。なぜそう思ったのかはわからない。昨年の経験、決して諦めないというメンタリティーは本当にチームを助けたと思う。インテルと世界中のファン全員のために本当に嬉しく思う、なぜなら最後のトロフィー獲得は随分前のことだし、このスクデットを高く掲げるのは素晴らしい気分だからだ」


Versión Española  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  English Version 

I M TOGETHER | THE MOVIE OF INTER'S 2020/21 SEASON

Load More