インテルのスクデット:ネラッズーリパーティーからの特別シーン

インテルのスクデット:ネラッズーリパーティーからの特別シーン

 OPEN ACCESS | 同ビデオは先週末のサン・シーロの瞬間を映し出す:チームの到着からファンへトロフィーを掲げるまでを追った

 23日(日)は忘れられない歴史的な日となり、永遠に記憶に残り続ける。2021年5月23日はクラブ19回目のスクデット獲得の祝いの日として刻まれる。厳密に言えば同タイトルは2021年5月2日に4試合を残して決まり、最終節ウディネーゼ戦で大勝(5-1)した後に盛大に祝われた。

 今季最終日はパーティーの日だった。ネラッズーリサポーターはサン・シーロの外でチームを待ち構え、試合会場入りするチームバスを常軌を逸する形で歓迎。ファンはチャント、旗、雄叫びで同試合前の雰囲気を盛り上げた。

 サン・シーロの会場内に千人の観客が足を踏み入れた:スタンドから小グループのインテルファンがチームに声援を送った。そこには徐々に戻りつつある通常の光景があった。ファンたちはスタンドからヤング、エリクセン、ラウタロ、ペリシッチ、ルカクのゴールを目撃。

 そして特別で忘れられない瞬間:サミル・ハンダノヴィッチがメインスタンド手前に設置された優勝式典ステージ中央でスクデットトロフィーをチームの輪の中で掲げた:ピッチ上のインテル選手、スタンドのインテルファンにとって素晴らしい瞬間。その後は各選手が同トロフィーと写真撮影し、ピッチに入った選手の家族と共に優勝祝いの写真を撮った。

 選手たちはサン・シーロのタワー4に登り、スタジアム外を見てトロフィーを披露した。選手たちの下にいたのはインテリスティの大群。"社会的距離"の中でチャント、旗、煙、花火で全員が感動的な瞬間を体験したはずだ。

 記憶に残る日の物語は今回のOPEN ACCESS特別エピソードで語られる:クラブ特別カメラでインテルの新たな歴史の1ページとなった同日の全シーンを振り返る。


Versión Española  English Version  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia 

タグ: I M SCUDETTO
Load More