I M INTER (YES I M):スクデット獲得に捧げる楽曲

 5月12日(水)よりクラブ史上19回目のリーグ優勝を記念した楽曲の配信がスタート:ネラッズーリの優勝を祝うサウンドトラック

1/11
I M INTER (Yes I M):スクデット獲得に捧げる楽曲
I M INTER (Yes I M):スクデット獲得に捧げる楽曲
I M INTER (Yes I M):スクデット獲得に捧げる楽曲
I M INTER (Yes I M):スクデット獲得に捧げる楽曲
I M INTER (Yes I M):スクデット獲得に捧げる楽曲
I M INTER (Yes I M):スクデット獲得に捧げる楽曲
I M INTER (Yes I M):スクデット獲得に捧げる楽曲
I M INTER (Yes I M):スクデット獲得に捧げる楽曲
I M INTER (Yes I M):スクデット獲得に捧げる楽曲
I M INTER (Yes I M):スクデット獲得に捧げる楽曲
I M INTER (Yes I M):スクデット獲得に捧げる楽曲

 ミラノ発 - 叫び声が上がる。Yes, I M Inter!それはファンのネラッズーリカラーへの帰属意識を如実に表し、喜びに満ちた叫びと共に復唱される:we are who we are and we are Champions of Italy! (私たちは私たち、イタリアのチャンピオンだ!)。I M INTER (Yes I M)はクラブ史上19回目のリーグ優勝を祝うために最も適したサウンドトラックだ。

 作詞はマックス・ペッツァーリ、作曲はクラウディオ・チェチェット 、ミルコ・メンゴッツィ、そして音楽はレナトガレットDJ Pitchが担当した。チェチェット・プロデュースによる同楽曲を歌うのは真のインテルスタ、インテル公式スタジアムDJであるミルコ・メンゴッツィとカテリーナマスタリオだ。

 Yes, IM INTERは5月12日(水)から配信される、ネラッズーリファンを歓喜、熱狂させるコーラスだ。それは選択の宣言(Yes)であり、誇りに満ちた紛う事なきコーラス(I M INTER)であり、インテル創設100周年の際にジャンフェリス・ファッケッティが発した不朽の名言をはじめとするメッセージが引用されている:「1908年3月9日の夜には40人足らずだった我々が、今では数百万人にもなった」。

 I M Inter (Yes, I M)はSpotify、Apple Music、iTunes、YouTube、Tik Tok、Amazon Musicとはじめとするオンラインの音楽配信サービスで視聴が可能。オフボーカル・トラックはダウンロードが可能、世界中のインテル・ファンが自分だけのオリジナル・バージョンを作成するために使用できる。一方「I M REMIX」はDJや音楽プロデューサーが同楽曲をリミックスすることで、テクノ、ポップ、トラップからレゲトンといった自らの好むジャンルのバージョンでの楽曲制作が可能だ。

I M INTER (Yes I M) を今すぐ視聴!


Versione Italiana  English Version  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia 

Load More