インテルスタッツ | ルカクの電光石火のゴールとネラッズーリの現状

インテルスタッツ | ルカクの電光石火のゴールとネラッズーリの現状

 2月28日午後にインテルが3-0で勝利したジェノア戦について知っておくべきデータ

 ミラノ発 – 3-0で勝利したジェノア戦では、数々のデータが記録された。この試合のスタッツを紹介する。

インテルの現状

 快進を続けるインテルは現在リーグで8試合連続負けなしだ。アントニオ・コンテ指揮下のチームはセリエA 24試合で勝点56(17勝2敗5分)を記録し、順位表トップに立っている。順位表はこちらで確認できる

 ジェノア相手の3-0の勝利は、ネラッズーリにとってリーグ直近7試合で6つ目の勝利だった。またインテルはこれでホーム9連勝を記録した:インテルが前回同様の記録を残したのは2010-11シーズンで、チームは2011年3月までにサン・シーロで13連勝を達成した。

 インテルの一貫性は攻撃と守備に関する数字を見ても明らかだ:アントニオ・コンテのチームはセリエA直近7試合で17得点を挙げている一方で、失点はわずか1ゴールに止まっている(ラツィオのシュートが選手に当たって軌道が変わり、ゴールを許した)。2-0で勝利したユヴェントス戦以降、インテルは5試合でクリーンシートの勝利を祝っている。

 ジェノア戦でも3ゴールを決めて勝利したインテルは、この試合でもその攻撃力を改めて示した。インテルは今季セリエAで最も多くゴールを決めているチームだ(60ゴール)。

ルカク、電光石火のゴール

 ルカクは今シーズン、既にベネヴェント対インテル戦の開始28秒にゴールを決めている。インテルの歴代最速ゴールはジャンフランコ・マッテオリの試合開始10秒のゴール(1988年11月27日、インテル 1-0 チェゼーナ)だが、ルカクは2004年以降のセリエAにおけるインテルの最速ゴール記録保持者だ。同ベルギー人選手はジェノア戦でも開始32秒に得点した。

 ジェノア戦でインテルの2ゴール目をアシストし、3ゴール目にも関与していたルカクにとって、この試合の先制点は重要だ:ネラッズーリとして58ゴール目を記録したルカクは、そのゴールによって2019-20シーズン開幕以降セリエAで47ポイントの勝点獲得に貢献している。

 ジェノアはルカクが最も多くゴールを奪っている対戦相手だ:ルカクはロッソブルーとの試合でこれまでに計6ゴールを記録している。

ルカクとラウタロ、最高のコンビ

 ルカクのゴールはラウタロ・マルティネスとの連係から生まれた:インテルのセリエA直近14ゴール中10ゴールは2人のストライカーのコンビネーションによるものだ

 両選手はイタリア1部リーグで2021年に多くのゴールに関与(ゴール+アシスト)している選手に含まれる。最も多くのゴールに関わった選手のリストを上から順にみると、1位ルカク(11)、2位ムリエル(10)、同率3位ラウタロとクリスティアーノ・ロナウド(9)となっている。ジェノア戦でのアシストにより、ラウタロは今季公式戦5アシストとなった。同選手は今季13ゴールを挙げており、公式戦で計18ゴールに絡んでいることになる。これは同アルゼンチン人選手にとってセリエA 1シーズンでの自己ベスト記録を意味する。

ジェノア相手に再び勝利、ダルミアンのゴール・・・

 今回の対戦に3-0で勝利したことにより、インテルはセリエAでジェノアに無失点6連勝を記録したが、1つのチーム相手にネラッズーリがこのような記録を達成するのは史上初だ。またインテルは、セリエAでロッソブルーを相手にホーム8連勝を収めた。ネラッズーリが前回同様の記録を達成したのは1956年5月から1965年2月にかけての期間だった。

 マッテオ・ダルミアンはサン・シーロで一時スコアを2-0とするゴールを決めた。同イタリア人選手にとってこれは今季2ゴール目(初ゴールはチャンピオンズリーグのボルシア・メンヒェングラードバッハ戦)であり、ネラッズーリとしてはセリエA初ゴールだった。昨日のゴールの前にダルミアンがセリエAでゴールを記録したのは2020年7月だ(パルマ選手としてアウェイの対ブレシア戦で得点)。セリエAのホーム戦での得点はトリノが2-1でユヴェントスを破った2015年4月26日まで遡る。

 もう1つ言及しておくべきことは、昨日のジェノア戦の得点者全員がかつてマンチェスター・ユナイテッドの選手だったことだ。実際にネラッズーリの3ゴール目の得点者であり、自身にとって今季3ゴール目(全てリーグ戦で得点)を記録したアレクシスサンチェスもその事実に当てはまる。同チリ人選手は昨シーズンもジェノア戦に途中出場し、得点を挙げた。


中文版  Versione Italiana  English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española 

INTER-GENOA 3-0 | HIGHLIGHTS

Load More