コンテ「大きく成熟している。ファンに歓喜を届ける方法は一つだけある...」

コンテ「大きく成熟している。ファンに歓喜を届ける方法は一つだけある...」

 ジェノア戦に勝利した同監督のコメント

 ミラノ発 – 先週末ミラノダービーで勝利したアントニオ・コンテのインテルは今日ジェノア相手に3-0の勝利を収めた。今季セリエA第24節の同試合は開始32秒でルカクの得点で動く。さらに後半ダルミアンとサンチェスが追加点を奪って勝利を決めた。スカイ・スポーツに向けて同監督が発言したコメントは以下の通り:

成熟さを証明したテストを合格した後、満足しているか?

「現在好調な相手と対戦した:直近数試合で見ると我々に次ぐ勝点を獲得していて、セリエAで7試合連続無敗だった。我々は十分な量の勝利欲、覚悟を示して、少ししか隙を与えなかった。我々は3ゴールを奪うことに成功し、ペリンは幾度となくビックセーブを連発していたよ。我々のハードワークが実を結んでいるからハッピーだ。これが自分たちの能力の信頼を増大させ、特にボール保持ではない時に状況を上手く対処できるようになり始めたチームだ。大きく成熟している。そうは言っても、まだ14試合残っているし、相手チームに関係なくこの試合内容を続けて、同じ集中力を維持しないといけない。これが偉大な何かを成し遂げ、ファンに歓喜を届ける唯一の方法だ」 

インテルのピッチ上の内容はチーム内にある"スクデット獲得の誓い"の結果なのか?

 「スクデット獲得の近いはない。このネラッズーリカラーを身に付けると時、常に勝利への野心があるんだ:歴史がそれを物語っている。インテルが最後にタイトルを獲得してから長過ぎる月日が経過した。私のインテル監督就任1年目だったが、昨年8月にはスクデット獲得まであと一歩まで迫った。相応しくない今季チャンピオンズリーグ敗退から感じた失望が多分もっと競争力をあげるために基準を上げる必要があると我々を気づかせたのかもしれない。今もチャンピオンズリーグに残っていたなら、同大会内で言葉を発信する機会があったと思うよ」

 昨季この時点でインテルはユヴェントスより勝点3少なかった。今ネラッズーリは1試合多いが、勝点10上回っている...

「直近数年間でインテルとユヴェントスの間に勝点20差のギャップがあったことを忘れないでおこう。昨季我々は極めて大きな前進を遂げ、今季は我々の旅路を続けている。我々は重要な何かを行なっているんだ。しかしまだ14試合あある、だから我々はこの道を進み続けないといけない。素晴らしい相乗効果が生まれているし、この方法を継続しないとダメだ」

クラブの現状がより結束させたか?

「インテル選手かインテル監督の時、クラブの歴史とファンに敬意を示しつつ、ピッチ上での出来事に集中しないといけない。私の力の範囲内でただインパクトを残す必要がある、それは選手にとっても同様だ。我々に関係ない物事に体力を浪費するのは無意味だ。影響を与えることに集中する必要がある」

アタランタ戦を考慮すると、パルマ戦は選手起用の変更はあるか、それともベストメンバーで臨むのか?

「パルマ戦とアタランタ戦の間には4日間ある。だから回復する時間はあるよ。私の友人であるダヴェルサが監督を務めるパルマに多大な尊敬心を持っている。我々は可能限りベストチームで戦う」


English Version  Versión Española  Versione Italiana  中文版  Versi Bahasa Indonesia 

Inter-Genoa, l'intervista ad Antonio Conte

Load More