コンテ「ナポリ戦はタフな試合になり、実力を計る物差しになる」

コンテ「ナポリ戦はタフな試合になり、実力を計る物差しになる」

 インテル対ナポリ戦前日の監督のコメント

 アッピアーノ・ジェンティーレ発 - カリアリ戦で3-1の勝利を収めたばかりだが、インテルは再びピッチで試合に臨む。日本時間12月17日(木)4時45分に行われるセリエA第12節でインテルがサン・シーロで迎えるゲストは、ジェンナーロ・ガットゥーゾ率いるSSCナポリだ。

 この試合の前日に、アントニオ・コンテが蘇寧トレーニングセンターで記者会見を行った。ネラッズーリ監督の発言を以下にまとめた:

ナポリ戦はどんな試合になると予測するか。

 「最後まで戦い抜くという義務と主役になろうという野心を持つ2つのチームの対戦だ」

いくつか勝利を収めたことで、インテルは再びリーグ優勝候補の立場に戻って来た・・・。

 「我々はハードワークを行い、良いバランスをとらなければならないと考える。しかしそれを見つけるのは難しい。主人公になりたいなら、ハードワークが必要だ。我々が勝っても喜び過ぎてはならないし、つまずいたとしても落ち込みすぎてはいけない」

インテルはリーグ最高の攻撃力を誇るが、ナポリもこれに関して2位となっている。攻撃力の高いチームが現在リーグ上位を占めている:これが進むべき道といえるか。

 「チームは常に攻撃と守備の両方でバランスをとらなければならない。優勝候補になりたいなら、それが取るべき道だ。我々は今シーズン多くのゴールを記録したが、それよりも失点の方が多かった。これは特にシーズン序盤に言えることだ。バランスが重要だ」

サンチェスやビダル、ハキミら負傷者の状態は?

 「アレクシスは内転筋の問題があり、出場できる可能性は低い。ビダルは筋肉緊張から回復し、良いトレーニングを行っているが、彼を明日プレーさせるのはリスクになると考えている:別の時期に離脱することになりかねない。辛抱することが彼にとってより良い結果になるだろう。ハキミに関しては今日中に決断するつもりだ。この3人の中で出場の可能性があるのは彼だ」

順位表に目を向けると、上位チームとそれ以外のチームには少しの差しかない:シーズンが進むにつれ、首位争いは過去のシーズンよりも熾烈になるだろうか。

 「少なくとも現時点では、今シーズンのリーグは拮抗している。同じ目的を持つチームとの試合は、順位だけでなく精神的な観点からも大変重要だ。優勝争いに絡まないチーム相手のものも含めて、全ての試合が複雑だ:常に汗を流して戦わなくてはならない。全ての勝点が重要だが、近い順位のチームに勝つことができれば、自分たちをより強く感じることができる」

インテルがヨーロッパの大会から敗退した今、スクデットの獲得はほとんど義務のようなものだ。そのことは問題になるだろうか。それとも更なるモチベーションを与える?

 「義務について語られると、笑顔になってしまうよ。主役になろうとするチームはたくさんある。どのチームも優勝を目指してスタートするが、最終的にそれを達成するのは1チームのみだ。この9年間は常に同じチームが優勝してきた。だから『義務』と聞くと笑ってしまう。我々は改善するつもりだ」

あなたの過去の発言が少しネガティブな反応を引き起こしたと考えている?

 「私の発言や行動がネガティブな光の下で見られることには慣れた。シーズン序盤の記者会見で私は常に冷静だったが、私らしくないと批判を受けた。そして今は、全く逆のことを言われる。私はその真ん中を見つけなければならない・・・」


Versi Bahasa Indonesia  English Version  Versión Española  Versione Italiana  中文版 

Inter-Napoli, la conferenza stampa di Antonio Conte

Load More