ボルシア・メンヒェングラードバッハ対インテル戦に関する5つのデータ | 動画

ボルシア・メンヒェングラードバッハ対インテル戦に関する5つのデータ | 動画

 ユーロ・エクスプレスの最新エピソード:ドイツで行われたインテルの過去の対戦、両チームでプレーした選手、グループの状況

 再びチャンピオンズリーグがやって来る。インテルはグループB第5節にボルシア・パルクでボルシア・メンヒェングラードバッハと対戦する。この大変重要な試合のキックオフは日本時間12月2日(水)5時だ。

デュッセルドルフとドイツ、よく知る環境

 インテルは今夏デュッセルドルフに数日滞在し、ヨーロッパリーグの決勝トーナメントを戦った。メンヒェングラードバッハはデュッセルドルフに近く、ノルトライン=ヴェストファーレン州に属しオランダとの国境近くに位置する。ボルシアMGは歴史あるベーケルベルク・シュタディオンに2004年に別れを告げ、ボルシア・パルクをホームスタジアムとして使用するようになった。

ドイツで行われたネラッズーリの過去の試合

 インテルは過去に24回ドイツの地でヨーロッパの大会をプレーしており、その戦績は6勝10敗8分だ。なかでも特に印象的なのは1988年(ベルティの見事な個人技)と2011年(勝敗を決するパンデフのゴール)のバイエルン・ミュンヘン戦勝利と1994年のボルシア・ドルトムント戦勝利だ。

インテルとボルシアMG、因縁のライバル

 両チームの前回の対戦は、アルトベッリが得点者リストに名を連ねた1979年の対戦まで遡る。しかしメンヒェングラードバッハで臨んだ試合で最も有名なのは“match of the tin can”だろう。その詳細はこちらで知ることができる。

両チームに所属した選手

 ローター・マテウスはバイエルン・ミュンヘン移籍前の1979年から1984年にかけてボルシア・メンヒェングラードバッハでプレーしており、162試合に出場して32ゴールを記録した。マテウス以外にインテルとグラードバッハの両方に所属した選手はトーマス・ゲルヴェグとヴァレンティーノ・ラザロの2人で、後者は現在マルコ・ローゼ率いるボルシアMGのチームの一員だ。

グループBの状況

 現在グループBの首位に立っているのは勝点8のボルシアMGで、2位のレアル・マドリードとは勝点差1ポイント。3位は勝点4のシャフタール・ドネツクで、4位のインテルとの勝点差は2ポイントだ。しかしネラッズーリにはまだグループステージ突破のチャンスがある:そのためには次の2試合(対グラードバッハ戦と対シャフタール戦)に勝利する必要があるが、それに加えて次の2つのうちどちらかの条件が満たされなければならない:

- レアル・マドリードが最終節でグラードバッハに勝利

または

- レアル・マドリードが次の2試合(対シャフタール戦と対グラードバッハ戦)に敗北
 


中文版  English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  Versión Española 

BORUSSIA-INTER, MATCH PREVIEW | EURO EXPRESS

Load More