コンテ「希望を保つために勝利する必要がある」

コンテ「希望を保つために勝利する必要がある」

 チャンピオンズリーグ | 同インテル監督のボルシア・メンヒェングラードバッハ戦前日記者会見のコメント

 アッピアーノ・ジェンティーレ発 – 日本時間12月2日(水)5時00分からインテルは今季チャンピオンズリーグ・グループB第5節ボルシア・メンヒェングラードバッハ戦に臨む。同試合前日にアントニオ・コンテ監督が蘇寧トレーニングセンターで記者会見を行った:

明日の夜に多大なプレッシャーを感じないためにインテルには何が必要か?この試合はチームの成長過程の一部か?

「レアル・マドリード戦後、多くの悲観的な見方があった:多くの人々はレアルが同試合を支配したと話していた。だがしかし我々が試合開始30分で10人となり、加えて序盤にPKで失点したことを忘れている人々もいる。60分以上レアル相手に1人の数的不利な状況で逆転することに異議を唱える。確かにその状況は我々の行動が生み出した。その点において取り組み、改善する必要がある、そうすれば二度と起きない。明日はチャンピオンズリーグで好調な相手との試合だ。全力を注ぎ、後悔の念なくピッチを去らないといけない」

インテルは自力で決勝トーナメントに進出できない:チームがグループ突破する可能性の自信はどのくらいあるか?

「自分たちの運命を握って今季チャンピオンズリーグシーズンを開始した。それがもはや該当しない事実は、特定の状況にあと一歩及ばないことを意味する。我々の希望を保つ唯一の道はボルシア戦での勝利。簡単ではないのは知っている、彼らは自分たちの力強さを示しているよ。でも重要なトーナメントマッチが頻繁に行われる欧州大会の道を進む1つの機会だ。これは我々にとって更なる試練さ」

ハキミは不調の様に見える。過去の彼のブンデスリーガを考えると、ドイツでの同試合は復調するための機会となるか?

「個々の選手について話すのは好きではない。アクラフが加入した当初に私が何といったか振り返って見てほしい:彼には素晴らしい潜在能力がある、しかし守備の面において取り組む必要がある。ブンデスリーガやプレミアリーグに比べてセリエAには更に大きなプレッシャー、期待、要求があることを忘れないでおこう。彼に潜在能力はあるし、ハードワークが必要だ、ここにある全てのプレッシャーはドイツと比べると全く異なることが分かる」

サッスオーロ戦ではバランス良く、優秀な方法で試合運びをして勝利した。バレッラは守備ラインの手前で初めてプレーした:これは再び採用さえっる戦術か?

「今季開幕前、我々は少しの休暇後に仕事を始めて、ハキミ、コラロフ、ビダルの様な新加入選手と多くの公式戦を消化した。ダルミアンとアルトゥーロは過去に私のチームでプレーしていた、だから彼らは多少何が求められるかは認識しているよ。しかし新加入選手はハードワークが必要だった、親善試合をプレーし、新しい状況を理解する。彼らが直ぐに公式戦に臨む必要があった点を考えると、試合をしながらバランスを見つけ出すことを強いられたね。それと同時に好ましい結果を目指していた。それは常に実現してはいないが、これが現状だ」


English Version  Versione Italiana  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  中文版 

BORUSSIA M.-INTER | PRESS CONFERENCE: CONTE AND RANOCCHIA

Load More