ラノッキア「明日は勝利のみ」

ラノッキア「明日は勝利のみ」

 ボルシア・メンヒェングラードバッハ戦前日記者会見に出席した同ネラッズーリDF選手のコメント。

 アッピアーノ・ジェンティーレ発 – インテルは本時間12月2日(水)5時00分からの今季チャンピオンズリーグ・グループB第5節ボルシア・メンヒェングラードバッハ戦に臨む準備が整った。今日の練習後にアンドレア・ラノッキアがアントニオ・コンテ監督と共に前日記者会見に出席した:

インテル対レアル・マドリード戦後の話し合いはターニングポイントだったか?

「何の話し合いについて話題になっているか分からない。試合後僕らは常に分析をし、その過程でポジティブとネガティブな部分を見る。レアル・マドリード戦でも分析はしたし、サッスオーロ戦でも同様だ。どこにもターニングポイントはない。僕らは良い2試合を披露した:最初の試合は特定の状況に影響され、一方でサッスオーロ戦では優れたパフォーマンスをした。明日の試合前に自信を向上させるキッカケを与えてくれた素敵な勝利だったよ」

前回の対戦では自分たちで試合を難しくした、明日の試合に臨むインテルにとって同試合から何を前に引き出すことが出来るか?

「明日はサッスオーロ戦同様のアプローチで試合に臨まないといけない:良い選手がいて好調な相手との対戦時は同じチームスピリットと勝点3をホームに持ち帰るの願望が必要となる。顔を合わせるチームに注意しないといけないが、自分たちのやっていることと構築していることも信じる必要があるね。僕らの唯一の目標は勝利のみ、明日はそれ以外ない」

インテルで多くの異なる瞬間を経験しているが、現在の状況をどう表現するか?

「多くの困難さがあった:昨季は8月21日にシーズンを終えて多くの選手が代表戦に向かい、そして直ぐに多くの選手がクラブと代表で数多くの試合をプレーしている。僕らは成長して自分たち道を進む必要がある年だと示してきた。問題はあるが、まだグループ突破は可能だ:これが残り2試合に挑む僕らの目標。リーグ戦ではいくつか優れたパフォーマンスを生んでいる。常に正しいパフォーマンスを発揮していないが、リーグ戦上位にいるよ。物事が上手く進まなくなった時、ただ全てを投げ出してはダメだ:全ての瞬間は合理的かつ正しく解釈されないといけない。これは僕らの旅の過程で存在する瞬間だ。まだシーズンは始まったばかりで、まだ目標達成は出来る」

なぜ話題がインテルになると妥協が存在しないのか?

「なぜそうなのか分からないけど、常にそうだった。インテルは歴史的に多くのトロフィーを獲得してきて、最近はタイトルから離れている事実が理由なのかもしれない。外の人々は時々考え方を変える必要があると思う。これについて話す時は常にメディアのことを言っている。例えばハキミは異なるリーグから移籍してきた。彼は若く新しい環境に慣れないといけないけど、質はある。現状毎日彼が話題になっている様子だ。時折誇張して時期尚早過ぎる決断がされる風潮はある。このチームの強みは多くの選手が良いプレーが出来るという事実にあるんだ。今季は長いし、多くの試合が残っている。COVID-19にも影響され、多数の選手がたくさんの試合をこなしているよ。これから全員にとってチャンスはある。外の人々が合理的な判断をしてくれることを願う」


Versión Española  Versione Italiana  English Version  Versi Bahasa Indonesia  中文版 

BORUSSIA M.-INTER | PRESS CONFERENCE: CONTE AND RANOCCHIA

Load More