インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー

 キエフ開催のチャンピオンズリーグ・グループ B第2節でインテルはゴールレスドローに甘んじた

1/50
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー
インテルはシャフタールに痛恨のゴールレスドロー

 キエフ発 - ボールがクロスバーを叩いた瞬間、キエフのオリンピスキ・ナショナル・スポーツ・コンプレックスを訪れたおよそ10,000人のファンの唇から、一斉に安堵のため息が漏れた。1度ならず、2度までも。先ずはバレッラがエリア手前から右足を振り抜きクロスバーを叩く強烈なシュートを放つ。続いてルカクのフリーキックがシャフタールGK、トルビンの指先に阻まれバーに弾かれた。だがそれだけにはとどらない:コンテ指揮するチームは後半開始直後のラウタロの至近距離からのボレーをはじめとする数え切れない決定機を逃し、結果としてゴールレスドローに甘んじた。8月の1戦と異なり準備万端で今節に臨んだシャフタールはビルドアップでのミスを抑えたものの、インテルゴールを脅かすには至らなかった。キエフでのスコアレスドローによりネラッズーリはレアル・マドリードとの2連戦を前にグループBで勝ち点2を獲得するに留まっている。テンポを変える必要に迫られていることは明白だ。

 最後にシャフタールと対戦した8月のヨーロッパリーグ準決勝は、インテルが試合へどのようにアプローチすべきかについての重要な示唆を与えてくれた。ウルクライナの雄は活気に溢れた敏捷性のある技術的なチームであり、高い運動量を生かしボールを走らせる。ドイツでインテルはその全てを精確な武器、敵陣内での攻撃的なプレスを用いて封じ込めることに成功:カストロ指揮するチームは守りに転じると、守備と中盤のラインをコンパクトに保っているにもかかわらず隙を生じる傾向があったからだ。今夜の1戦でネラッズーリは立ち上がり15分間突破口を模索すると、その後幾本ものシュートを放つ。ラウタロのヘディングはトルビンにセーブされるも、その後ルカクが激しい競り合いを繰り広げ、シャフタールのバックラインを追い込んだ。

 トルビンとの1対1には敗れたものの、ルカクはセカンドボールを自ら拾うと中央へと折り返史、これを単身走り込んだバレッラがハーフボレーで叩くがクロスバーを直撃。その後もルカクの至近距離からのヘディング、クロスバーを叩くFKと、インテルは前半得た7度にわたる好機を生かすことができず無失点で試合を折り返した。

 後半はリズムとインテンシティを欠く試合展開に終始。主導権を握ったインテルに対し、シャフタールは守備に比重を置き対応。インテルはカストロの敷いたタイトな守備にスペースを潰され、中央もしくはサイドからの突破を狙う。54分、ルカクとの素晴らしい連係から右サイドを突破したブロゾヴィッチがフィニッシュ。トルビンがブロックしたこぼれ球をゴール前に走り込んだラウタロがボレーで狙うも枠外。アルゼンチン出身の同FWのミスによりリズムを乱したネラッズーリは徐々に勢いを失い始める。対するシャフタールは試合の経過と共に自信を取り戻したが、ハンダノビッチ守るゴールに迫ることはほぼ皆無だった。コンテが思い描いた結果を得られず、試合は0-0のままタイムアップを迎えた。

シャフタール・ドネツク 0-0 インテル

シャフタール・ドネツク(4-2-3-1):81 トルビン 98 ドド、5 ホチョラヴァ(62分 22 マトヴィエンコ) 、77 ボンダル、15 コノプリャンカ;27 メイコン、8 マルコス・アントニオ、14 テテ、11 マルロス(88分 21 アラン・パトリッキ)、9 ソロモン;9 デンチーニョ(15分 7 タイソン) 
ベンチ:1 シェフチェンコ、30 ピヤトフ、 6 ステパネンコ、23 ヴァクラ、28 マルキーニョス、49 ヴィクトール、50 ボルバト、61 スダコフ
監督:ルイス・カストロ

インテル(3-5-2):1 ハンダノヴィッチ;33 ダンブロージオ(79分 36 ダルミアン)、6 デ・フライ、95 バストーニ;2 ハキミ、22 ビダル(79分 24 エリクセン)、77 ブロゾヴィッチ、15 ヤング(85分 99 ピナモンティ);23 バレッラ;9 ルカク、10 ラウタロ(72分 14 ペリシッチ)
ベンチ:27 パデッリ、35 スタンコヴィッチ、11 コラロフ、13 ラノッキア、42 モレッティ、44 ナインゴラン、46 ヴァッツォーニ、50 ボンファンティ
監督:アントニオ・コンテ

イエローカード:バストーニ、ビダル
アディショナルタイム:2分+3分
主審:カバコフ(ブルガリア)
副審:マルガリトフ、ヴァルコフ(ブルガリア)
第4審:チンコフ(ブルガリア)
VAR & VARアシスタント:ツヴァイヤー、アハミュラー(ドイツ)


Versi Bahasa Indonesia  中文版  Versión Española  Versione Italiana  English Version 

Load More