コンテ「試合をコントロールした」

コンテ「試合をコントロールした」

ジェノア戦後のアントニオ・コンテのコメント。

 ジェノア発 – インテルは今季セリエA第5節ジェノア戦を2-0で勝利した。ネラッズーリはフェラーリスで試合を支配し、後半にルカクとダンブロージオの得点で白星を飾ることが出来た。

試合後のアントニオコンテ監督のコメント:

勝利した要因はインテルが示した忍耐力のおかげか?

「我々は試合開始からコントロールした。物事を支配することを目的としてピッチに入った、以前の試合と同様にね。時折、すぐに牙城は崩せる。だがその他の試合では少し時間を要する。ボルシア戦でも我々は良いパフォーマンスをして、彼らに枠内シュート2本だけを許した。そのうち1つがPKだった。今日ジェノアはシュート本数がゼロだった。実力を発揮できることを認知してピッチに入れることに満足感はある」

失点せず、バランスが取れた試合内容をするのはどれだけ重要だったか?

「実際に今日は相手チームにビックチャンスを一度も許さなかった。これまで複数のミスで代償を払ってきたが、これが常に体現できるバランス力を持ったチームだ。数字について語れる。しかし私はより冷静に正確に分析をする必要があるよ」

インテルはバストーニがピッチに立っている時により積極的な印象がある...
 「バストーニは1年以上我々と仕事をしており、後ろでいつ動く必要があるのか明確に理解している。新加入選手はも我々のプレー方法に慣れるまで時間が必要だ。だから経験と質をチームにもたらすコラロフの様な選手の加入は喜ばしい。今季はわずかな準備期間しかなかったことは忘れないで置くべきだ。適切な方法である一定の状況を得るには複数の練習が必要となるのは普通だよ。通常我々はトレーニング合宿をするが、今季に入ってすぐに公式戦で新しい部分をテストをしている。ラノッキア、ダンブロージオ、ダルミアンは今夜本当に活躍した。アンドレアは移籍期間中にインテルを離れる感じに見えたが、彼は再び最高のプロフェッショナルであることを示してくれたね」 

世界最高ストライカーランキングでルカクは何番目? 

「現在のロメルは1年前に比べると異なる選手だ。彼は全ての部分において成長した。過去に私は彼を荒削りのダイヤモンドと言った。だから彼はずっと私が一緒に働きたいと思った人物だった。彼は毎日改善し、自分のプレーに更なるクオリティーを加えている。彼は一貫的にゴールも決めており、彼が点取り屋であることを考えると間違いなく見逃してはいけない要素だ」

エリクセンは間違ったポジションでプレーしている?

「人々がクリスティアンについて集中して語っている事実は好きではない。彼は我々のチームの選手で、その他全選手と一緒だ。彼は特定の個性があり、我々は彼のベストを引き出そうと試みている。彼が絶え間なく話題となるのは神経に障る:彼が我々といることは絶対に問題ではない。彼はポジティブな人間で、可能限り全てにおいて我々は彼を助けている。だから彼は自分の最高サッカーができるはずだ。そこら中にその様な見解があるのは正しくない:エリクセン、インテル、私に向けた公平さが必要だ」


中文版  English Version  Versione Italiana  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia 

Conte: "Abbiamo controllato il match"

Load More