コンテ「心配はしていない、最高のメンタリティーがあるチームだ」

コンテ「心配はしていない、最高のメンタリティーがあるチームだ」

 ジェノア戦前日記者会見のアントニオ・コンテのコメント。

 アッピアーノ・ジェンティーレ発 – インテルは再びピッチに入る準備が整った:日本時間25日1時にインテルはフェッラーリスでジェノアと対戦する。蘇寧トレーニングセンターの同試合前日記者会見でアントニオ・コンテ監督はジャーナリストの質問に答えた。

7日間で3試合目となるが、選手の体力はどのように管理しているか、そしてジェノアはどのように戦うと思っているか?

「今はこの状況と選手の状態を完全にすることを目指しており、自分たちのことだけに集中しないといけない。準備する試合は全てが異なる。コンスタントにピッチに立っている選手たちがフィジカル的にもメンタル的にも確実にリカバリーをする必要がある」

チームの離脱者、またはインテルが勝利していないことをより懸念しているか?

「心配はしていない:これが現状だ。我々は自信を持ってこの現在の状況に向き合う、チーム離脱者や経験していることに重きを置き過ぎないようにする。サッカー的要素に関しても懸念はしていない:我々は良いサッカーをしているし、相応しい勝点数より少ない勝点数を獲得している。だが注意散漫な瞬間でツケを払っているのは本当だ。それに取り組む必要がある。しかしこのチームには欲求、覚悟、犠牲心がある:前へ進み続けるよ」

結果に関して一貫性を取り戻すために加える必要がある最も重要な特性要素は何か?

「インテンシティーレベルで言えば、グラードバッハを上回っていたと思う。我々は正しい道の上にいて、人々の意見は頻繁に結果によって傾く。今の試合内容には喜んでいる:常にチームとしてプレーし、最高のメンタリティーを持っている。直近3試合では我々に対して向かい風になる事柄があった」

「幸福」という言葉を何度も使っているが、理由とその意味は?

「良い結果を達成し、良いパフォーマンスを生み出すには110%を出さないといけない。ハードワークが必要となる、手本としてクロップのリヴァプールを引き合いに出せる:彼らはここ数年前まで無冠だったが、現在の常勝軍団になるまでのチーム成長を喜んでいた。我々は自分たちの道を進んでいて、組み立ている部分では満足しているよ。外側からは、我々が作り上げている構造が見えるはずだ。それに関しては喜んでいるよ」

現在、物事の精神的な面はどのくらい重要か?

「特別な方法で介入する必要はない。これはまず本物の責任感がある男たちの選手グループだ。外側からの厭世主義はチーム内で感じられることがない物だ」

インテルは得点も失点も多い。チームはバランスを求めている:昨季に比べて、修正が必要な変化した部分は何か?

「もし試みていることを見るなら、チーム全体が関わっている。常に自分たちのアイディア実行を狙い、多くのゴールを奪った。我々はより多くの試合で更に得点できた。同時に多過ぎる失点を喫している、その複数は避けられた。ハードワークを続ける一方で、同時に頭に入れておくポジティブな面もある:全離脱者はいるが、多くの新しい選手がチームに入り込んで、我々のプレースタイルに馴染んでいるよ。我々は常に相手チームからゲームを奪い取ろうとしている、どのチームも我々相手に試合を支配したり、優勢に試合を進めていない。これが我々のメンタリティーだ、もう一度強固で成功するためにこのメンタリティーを前に出していく」


Versione Italiana  English Version  Versión Española  中文版  Versi Bahasa Indonesia 

GENOA-INTER | La conferenza stampa di Antonio Conte

Load More