コンテ「ミスを改善しなければならないが、選手たちを非難することなどできない」

コンテ「ミスを改善しなければならないが、選手たちを非難することなどできない」

 インテルがボルシア・メンヒェングラードバッハと引き分けた2020-21シーズン最初のUEFAチャンピオンズリーグ戦についての監督のコメント

 ミラノ発 - 後半のルカクのドッピエッタにもかかわらず、インテルの2020-21シーズンUEFAチャンピオンズリーグは引き分けに終わり、ネラッズーリはボルシア・メンヒェングラードバッハと勝点を分け合うこととなった。

 試合後のアントニオコンテのコメントを紹介する:

エリクセンの状態についてどう思うか。

 「チーム全体がそうであるように、クリスティアンは大変良くやっているし、大きなやる気を示している。もっと決定力を高めるように彼に要求したが、他のチームメイトと同じく、彼のパフォーマンスは良かった」

インテルは現在、不運にも多くの選手が出場できない状況にあるが。

「ピッチでの出来事に集中してベストを尽くさなければならないが、できる限りの努力をしている。ハキミのCOVID-19陽性という知らせは、実際簡単ではなかった。我々はあるシチュエーションに対して準備を行っており、アクラフは先発する予定だった。精神的にも簡単ではなかったが、選手たちは正しいスピリットで試合にアプローチし、彼らが優れた選手であることを示した」

昨年もそうだったが、引き分けで始めるのは簡単とは言えない・・・

 「良いパフォーマンスを出せなかった去年のスラヴィア・プラハ戦と今夜の試合を比べることはできないと思う。我々は今夜、大変優れたチームを相手に良いプレーをした。我々は対戦相手の陣内で試合を展開したし、サミルがセーブした場面も思い出せない。我々は多くの得点機を作った。選手たちを非難することなどできない。だがもちろんミスを修正し、改善することはできる」

チームのパフォーマンスが低下し始めた最後の15分間は、できることに制限があった?

 「残念ながら、ベンチの選択肢は多くなかった。バストーニはチームと2回しかトレーニングしなかったし、ブロゾヴィッチは筋肉系の問題があった。その上センシも起用できず、ナインゴランは1回しか我々とトレーニングしていない。そして内転筋の問題により、サンチェスもハーフタイムでの交代を余儀なくされた。我々は彼のコンディションを確認するつもりだ」


Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  Versión Española  English Version  中文版 

Load More