レアル・マドリード戦でのアドリアーノのFKから19年 ― ポッドキャストで聴取

レアル・マドリード戦でのアドリアーノのFKから19年 ― ポッドキャストで聴取

 「10ナンバー10s」の新しいエピソードが今日から聴取可能:もう1人のネラッズーリ・レジェンドのキャリアを振り返ろう

 ミラノ発 - 19年。普通ならアニバーサリーと呼ばれる年ではないが、あの夏の夜、2001年の8月14日を振り返るのはいつでも素晴らしいことだ。レアル・マドリードの招待を受け、インテルはこの日サンティアゴ・ベルナベウ杯に臨んだ。しかしこの大会はホームのファンにとっては夏のフレンドリーマッチという以上の意味を持つもので、公式戦のカップ戦と変わらない要素を持っていた。大熱狂のスタジアム。素晴らしい舞台で、ある特別な1人の選手にブレークの瞬間が訪れた。ブラジルで多くのゴールを記録したアドリアーノ・レイテ・リベイロがこの夜、ヨーロッパサッカー界で劇的なスタートを切った。アドリアーノは躊躇せずに自身の才能を示した。背番号14番のユニフォームを着て後半から出場したアドリアーノは、その高いドリブルスキルを発揮し、誰にも止められることなくレアルのゴールに迫った。そしてこの素晴らしい試合の歴史で最もパワフルなフリーキックによってイケル・カシージャスを破り、インテルに2-1の勝利をもたらすと、スタジアム全体を静まり返らせた。

 アドリアーノは数週間前にインテルのウェブサイトで公開された手紙の中でこのマジカルナイトを振り返っている:「2001年8月14日にベルナベウに到着した。私はインテルのユニフォームを着ていて、レアルが私の目の前にいた。本当に夢のようだった。それ以上必要なものはなかった。ピッチに出て何も考えず、ヴィラ・クルゼイロの埃だらけのピッチにいるかのようにプレーした。ドリブルをし、対戦相手の股を抜いた、私には全てが可能だった。私がフリーキックを獲得した時、ベンチから私が蹴るべきだという指示がきた。私がストリートや家で練習し、母を怒り狂わせた左足シュートを覚えているだろうか?そのシュートを、私はこのフリーキックで世界に見せた。時速170㎞の速さだったと言われたよ!」(アドリアーノからインテルへの手紙はこちらで読むことができる

 今日2020年8月14日、インテル・ポッドキャスト「10ナンバー10s」の新しいエピソードでアドリアーノのこの忘れがたいパフォーマンスを振り返る。ラウタロ・マルティネスとロナウド、レンナート・スコグルンド、デニス・ベルカンプ、そしてエヴァリスト・ベッカロッシの才能について深く知った後で、今日はもう1人のネラッズーリ10番、アドリアーノの成功について振り返ろう。

アドリアーノのエピソードを聴こう!

Spotify: bit.ly/AdrianoInter30
Apple Podcasts: apple.co/31UH23K
Google Podcasts: bit.ly/2DjYIxH
Tuneln: bit.ly/3fx29hj
Deezer: bit.ly/3gWaoFl


Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  English Version  Versión Española 

Tutti i gol di Adriano con la maglia dell'Inter

Load More