1942年7月18日:ジャチント・ファッケッティへの回顧

1942年7月18日:ジャチント・ファッケッティへの回顧

 チペ生誕から78年、永遠なるネラッズーリの象徴

 ミラノ発-ジャチント・ファッケッティの名前を聞けば、明白なイメージを思い浮かべるだろう:優雅な姿に、両手で空を仰いでのセレブレーション、そして果断なルックスと誠実な笑顔。永遠なるネラッズーリの3番を背負って、全75ゴールを祝う彼のワイルドなセレブレーション。我々は幸運にも、彼のチームメイトとの温かい抱擁と真の偉大な試合を目撃し、生観戦か過去の映像かに関わらず、そのイメージは決して忘れることはできない。
 彼のレベルとイノベーションはサッカー界とインテルの両方で地位を確立し、その名前と共に今日までネラッズーリの殿堂で輝き続けている。チペのサッカーとゴールの記憶色褪せることはなく、ネラッズーリをベンフィカとの決勝戦へ導いたヨーロピアンカップ準決勝の対リヴァプール戦でのゴールのように、その中のいくつかは今もなお記憶に残り続けている。
 彼のイメージは道徳的な誠実さ、忠誠心、そして透明性のシンボルとして残り、サッカーとしてのキャリアを通じ、ディレクターおよび会長へのステップアップを象徴している。
 彼の生誕から78年が経ち、偉大な男、偉大なフットボーラーを回顧する:私たちに残した素晴らしい贈り物と共に、その姿は永遠に記憶に残る
 


Versione Italiana  English Version 

Load More