コンテ「正しい道の上にいる、集中的な時期が控えている」

コンテ「正しい道の上にいる、集中的な時期が控えている」

 トリノ戦前日記者会見を行なった同ネラッズーリ指揮官のコメント。

 アッピアーノ・ジェンティーレ発 - インテルは明日の夜にモレーノ・ロンゴのチームと対戦する。そのためネラッズーリは最後の準備を進めている。今季セリエA第32節トリノ戦前日にアントニオ・コンテ監督はヴェローナ戦に引き分けたチームの状態を語った:「私が言及した物事はシンプルだった、とても明確に私は選手たちにこう伝えた:ヴェローナ戦のパフォーマンスには満足している、それは我々が正しい道の上にいるからだ。そして自分たちがやっていることを続けていく必要があるとも言った。もちろん同時にミスを最小限に抑えることもね。最近個々のミスで大きな代償を払っていると思う、極めて小さなエラーがあった場合すぐに罰せれる時期に入っているよ。だが我々のサッカーと共に良い道を進んでいる:高いインテンシティーでプレーし、良いプレスをして、攻撃時には多くの選手が前線に進んでいる」

 今季リーグ戦で勝点34(10勝17敗4分)のトリノに関して:「トリノチームのクオリティーは当然現在の彼らの順位より優れている。彼らは違う目標を念頭において今季をスタートした。彼らには複数の優秀な選手がいて本物のチームクオリティーを得ている。とても強いチームだ、自分たちの道を再発見しているし、良いパフォーマンスをして勝点3を奪うためにサン・シーロに乗り込みたいはずだ。我々もこの試合を勝利したいよ」

 インテルのセリエA直近9得点は9人の選手から生まれた:「これはこれまでずっと事実としてあった。今季インテルでは一層得点者数が多い、理由は自分たちの攻撃をより予想不可能にするために多くの選手が相手ボックスを埋めているからだ。正しい道のりにいて、良い結果を出していると思う。しかし勝利する試合を引き分けにしてしまうのは、チームのポジティブな評価を下降させてしまうことに導く」

 中3日か4日での試合の準備に関して言えば、考慮する複数の観点がある:「我々は物事を査定する、理由はより集中的な期間がやって来るからだ。我々は現地時間13日(月)21時45分にトリノ戦、そして現地時間16日(木)21時45分にSPAL戦と現地時間19日(日)21時45分からローマ戦というアウェイ2連戦が控えている。体力レベルをよく管理し、選手をローテーションしないといけないが、既に言ったようにこのテーマに関しては冷静な感覚がある。起用された全選手が優れた方法で反応を示してくれるからだ」

 選手のフィットネス状態に関して、多くの異なる状況を吟味する必要がある:「ルカクは少し問題がある。彼は昨日あまり状態が優れなかった。しかし今日の状態は改善していたよ。彼が起用できる状況になっていることを願う。全員がチームにとってのロメルの重要性を認識している、大きな懸念はないが、現段階では良い判断を下して、リスクを冒すことを避ける必要があるね。今もしある選手を失ったら、今季終了まで起用できないことを意味する。彼が起用できる状態になるのを望む。彼とメディカルスタッフと一緒に試合日に正しい決断を下すよ。ニコロに関しては言えば、快方に向かっている。ローマ戦で起用できる状態になるのを願っているんだ。もしダメなら、次の試合だね。そしてセンシは怪我から回復中、ベシーノは怪我人リストに戻った。モーゼスの状態は良い:彼は完全に回復して、すぐにでも試合出場を望んでいるよ。同選手とメディカルスタッフと共に正しい判定を確実に下さないといけない」


Versión Española  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  English Version 

Load More