マリオ・コルソの最後のインタビュー

マリオ・コルソの最後のインタビュー

 ネラッズーリ・レジェンドの葬儀が行われる日に、アーカイブより2019年のインタビューを紹介する

 ミラノ発 今日サンタンブロージョ聖堂で、ミラノが マリオ・コルソ に別れを告げる。かつて背番号11番としてプレーしたネラッズーリの偉大なレジェンドの葬儀の日に、20192月に行われた未公開のインタビューを紹介する。

 コルソとはいつもそうであったように、この日も打ち解けた雰囲気の中でインタビューが行われた:インテルの60年のポートレートとエレーラ時代についての短い言葉は、全てを詳細に思い出すために十分だ。「私たちは若く、数々の勝利によって名を知られるようになった。私は騒いだりしたことはなかったが、選手間での争いはなかった」

 そしてコルソはエレーラの人柄についても語った:「彼は、特に休みのない週の選手たちの管理が上手だった。丁度いい自由を与えた、日曜日はそうでもなかったけれど・・・。しかし彼はアンジェロ・モラッティやアロディのように私たちをサポートした。そして私たちは誠実であり続けた」

 コルソの総括は全く素晴らしいものだった:「人生の60年はインテルに定められたものだ:私は多くを受け取り、いくつか与えた」

 マリオ、あなたが与えてくれたのは“いくつか”だけではない。


English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  Versión Española 

Mario Corso interview - Ferbruary 2019

タグ: inter forever
Load More