Inter Calling:ハビエル・サネッティとイバン・サモラーノ

INTER CALLING:ハビエル・サネッティとイバン・サモラーノ

 ジジ・シモーニの思い出と1998年5月6日のパリのマジカルナイト

 ミラノ発 - 彼らの名前はネラッズーリの歴史に刻まれているだけでなく、1998年5月6日の忘れがたい決勝の得点者リストにも載っている。このパリでのマジカルナイトに、インテルはクラブ史上3度目のUEFAカップ優勝を果たした。今日のInter Callingのエピソードではハビエル・サネッティとイバン・サモラーノが登場し、ジジ・シモーニの思い出から会話が始まった:

 サネッティは「監督は常にグループのためにそこにいた」と回想する。「常に正しいアドバイスをくれるので、父のように思っていた。グループは固く団結していた;私たちはまるで家族のようだった。UEFAカップといえば、パリでの決勝を思い出す:優勝したからというだけでなく、トロフィーを獲得できるように監督が私たちのためにとても多くのことをしてくれたからだ。私たち全員が彼のキャラクターと誠実さを覚えていると思う。彼はジェントルマンであり、大きなハートの持ち主だった」と回想した。

 続いてサモラーノも自身の思い出を打ち明けた:

 「彼は家族を作り上げ、1997-98シーズンのインテルのチームがあの素晴らしいUEFAカップで優勝して夢を実現することを可能にした。彼は偉大な監督というだけでなく偉大な人間だったし、あれほど多くのチャンピオンを擁するチームでは容易ではなかったが、私たちは目標達成のために共に戦った。彼について私たちには素晴らしい思い出がある;彼はこの家族を作り上げるために、できること全てを行った。私個人に関して言うと、シモーニのおかげで私はあのUEFAカップの大事な試合で良いプレーができていた。彼のような監督を持つことは私にとって素晴らしいことだったよ。彼は私をいつも勇気づけてくれた」

 あのパルク・デ・プランスの夜、そしてイタリアのクラブ同士の対決となったラツィオとの決勝で決まった3ゴールは忘れられないものだとサネッティは言う:

 「イバンが頭で落として、私にシュートチャンスが来た。そしてあのゴールは私たちに少し落ち着きをもたらした。なぜならラツィオはとても良いチームで、簡単な試合ではなかったからね。でも私たちは勝利に向かってとても貪欲だった、何を犠牲にしても優勝して、ミラノにUEFAカップのトロフィーを持ち帰りたかった。そして私たちはやり遂げた!私たちは決勝にとても攻撃的なチームで臨んだが、その背後にはまだ何人もの戦士が控えていた。監督がこの試合にその足跡を残そうとしていたのは明らかだった」

 サモラーノがこの試合の先制点を記録し、ロナウドが信じられないような見事なゴールで勝利を決定付けた:

 「あんなゴールを決められるのはロナウドだけだ、彼のトレードマークと言えるようなあの動きでね。彼はあのように信じられないようなことを多く成し遂げた。私にとって彼は世界一のNo.9だ。そしてあのゴールには正に彼の全て、そのスピードとマジックが表れていた。ロナウドはフェノーメノで私は馬車馬だ、そのようにして私たちは上手く補い合っていた。全ての偉大なチームには素晴らしいスキルを持った選手とチームのためにハードワークをする選手が必要になる。これが私のサッカーのプレースタイルで、だからファンは今も私のことを戦士として思い出す。もちろん私にも優れた能力はある、特にヘディングは良かった。しかし私は、常にピッチで全力を尽くし、疲れ知らずに全てのボールのために戦い続ける選手として思い出してもらうことを好むよ」


中文版  Versión Española  English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana 

Load More