ジジ・シモーニの最後のインタビュー:ロナウド、1997-98シーズンの選手たち...インテル

ジジ・シモーニの最後のインタビュー:ロナウド、1997-98シーズンの選手たち...インテル

 公開されてなかった2018年2月のインタビュー。素晴らしい話と忘れられない話。

 ミラノ発 - 特別、ユニーク、非公開の独占インタビュー。2018年2月にジジ・シモーニがインテルTVでネラッズーリ時代の思い出を語った。2020年5月22日にこの世を去ったジジがネラッズーリとの旅路、重要な選手との逸話やインテルの過去など、感動的な数々の感情が呼び起こした。

 同インタビューは2018年インテル殿堂入りを祝う一環として行われ、感動的な話で満載だった。同故人はまずエル・フェノメノことロナウドとの関係性について語った:「彼は最高、全選手の中で最強だった。馬鹿げた速さと異次元のテクニック。頻繁に試合終了後、我々は控室に戻ってチーム全体で歌ったよ「オー、エル・フェノメノ。俺らにはエル・フェノメノがいる」とね。彼は常にリラックスで陽気だったよ、UEFAカップ決勝前でもだ: 緊張していた私に彼は 「心配しなくていい、僕らは勝利するから。もし勝利したら、監督の髪を全部刈り上げるよ」と言ったんだよ。パリでの試合後の最初の練習で彼はバリカンのスイッチを入れたんだ」 

 同インタビュー中、シモーニはロナウドがあの凍えるデコボコピッチのモスクワで2得点を決めた時のユニフォームを披露してくれた。プレー不可能な荒れたフィールドの上でもエル・フェノメノが全員を魅了した時に着用した歴史的ユニフォームである:「一度も洗ってないんだ」

 しかしロニーだけではなく、シモーニは他選手に関しても言葉を残した:「サネッティはいつも我々にもう一人ピッチ上にいるんじゃないかと錯覚させる。彼は比類のない選手だった。ベルゴミは常に私に大きな助けを与えてくれたね。ベルティは最も優しい心の持ち主だった、我々がインテルクラブを訪れた時もね」

 ファッケッティに関して:「代表チームで友達になった。彼は凄まじい男だった。当時トリノ選手だった私は右ウィングでプレーしていたが、彼とピッチ上で対決したくなかったよ。なぜなら彼は上手過ぎたし、友達として仲が良過ぎたからね。だからインテル戦前はメローニにウィングポジションを交換することを頼んでいた:私は左サイドに移動したら、ジャンチントとピッチ上で対決しなくていいからね」 

 「人々はいつも私にインテルの監督は複雑だと言っていた。しかし私にとっては最もシンプルで自然なことだったよ。私はインテルファンで、インテルは私に最大の満足感を運んで来たチームだ」


中文版  Versi Bahasa Indonesia  English Version  Versione Italiana  Versión Española 

From Ronaldo to the "boys of '97/'98": an interview with Gigi Simoni from February 2018

Load More