アンドレア・ラノッキアとトンマーゾ・カッシッサ: A Night Not For Everyone

アンドレア・ラノッキアとトンマーゾ・カッシッサ: A NIGHT NOT FOR EVERYONE

 同ネラッズーリ選手がミニシリーズ『Froglife』でこれまでの自身のキャリアを振り返った。

 ミラノ発 – A Night Not For Everyone インテルTV トークショーにアンドレア・ラノッキアよトンマーゾ・カッシッサが登場して戻って来た。

 同インテルDF選手にとって自身のミニシリーズ『Froglife』初回を迎えた。これはアニメ動画を通してラノッキアのキャリアを振り返るプロジェクト。同ビデオ内ではルーキー時代から現在までに至るまでの最重要な瞬間を集められている。

 「Froglifeを製作するアイディアは数ヶ月前に上がり、僕のサッカーキャリアのいくつかの段階を振り返りたいという願望から、その過程で経験した最も重要な経験について説明しているんだ。僕のエージェンシーとの共同製作で数分間だが素晴らしく、他の人の記憶を呼び起こす同コンテンツを作った。キャリアのほぼ全てをこのクラブカラーで過ごしたからインテルは当然多くの興味を持った」

 9年前の今日、インテルはオリンピコでのコッパ・イタリア決勝でパレルモを下して優勝を果たした。それは同シーズン冬の移籍市場期間に加入したラノッキアにとって最初のシーズンだった。それ以降、同選手は数多くの掛け替えのない瞬間を楽しみ、同時に辛い瞬間も経験した。その全てを忠実なネラッズールファンは称賛している。

 「厳しく難しい状況を打破するために多くのハードワーク、取り組み、献身性が必要だった。このクラブカラーへの情熱が常に助けてくれている。多くのことが起きたが、常にインテルに全力を注いで来たという事実が自分を際立たせていると思う。良い時も悪い時も、ずっとこのチーム、グループ、監督、クラブの有益になる解決策を模索していた。達成した功績、ファンの愛情を勝ち取ったという事実には喜んでいる。Froglifeでの多くのイベントが記憶から蘇る。なぜなら同ミニシリーズの全クリップは僕の人生の特定の瞬間を参照しているからね。同プロジェクトには良い瞬間と悪い瞬間の全ての一部分が含まれているんだ。今後も素晴らしい出来事が続くことを願おう」

 Froglifeはクラブの過去から直近の出来事についてもっと知りたいファン、ネラッズーリの最年少サポーターまで対象としている。

 「同プロジェクトが発案された時、すぐに焦点を当てたのは若い人々にだった。多数の人がソーシャルメディア上で僕にメッセージを書いていて、過去数年間とキャリア全体を通じた僕のアプローチは彼らの人生に関連すると言っている。だから動画内の画像と僕の声で語り直すことは沈思黙考の時間に繋がるか、手助けを提供できると信じている。ソーシャルメディアはやるタイプではなかったし、私生活は自分だけに留めておきたい。だけど選手は周囲の世界に適応する必要があり、それには継続的に進化して発展しているデジタルメディアとソーシャルメディア要素も含まれている。同プロジェクトは自分の物語を説明する時、別の異なるものを提供して新しい可能性を探求するため製作された」


Versi Bahasa Indonesia  English Version  Versión Española  Versione Italiana 

Load More