5月27日、インテルにとって2つのヨーロピアンカップ優勝を意味する日付

 ネラッズーリはこの日、1964年にレアル・マドリードを破り、65年にベンフィカに勝利して2年連続でトロフィーを獲得した。

1/15
5月27日、インテルにとって2つのヨーロピアンカップ優勝を意味する日付
5月27日、インテルにとって2つのヨーロピアンカップ優勝を意味する日付
5月27日、インテルにとって2つのヨーロピアンカップ優勝を意味する日付
5月27日、インテルにとって2つのヨーロピアンカップ優勝を意味する日付
5月27日、インテルにとって2つのヨーロピアンカップ優勝を意味する日付
5月27日、インテルにとって2つのヨーロピアンカップ優勝を意味する日付
5月27日、インテルにとって2つのヨーロピアンカップ優勝を意味する日付
5月27日、インテルにとって2つのヨーロピアンカップ優勝を意味する日付
5月27日、インテルにとって2つのヨーロピアンカップ優勝を意味する日付
5月27日、インテルにとって2つのヨーロピアンカップ優勝を意味する日付
5月27日、インテルにとって2つのヨーロピアンカップ優勝を意味する日付
5月27日、インテルにとって2つのヨーロピアンカップ優勝を意味する日付
5月27日、インテルにとって2つのヨーロピアンカップ優勝を意味する日付
5月27日、インテルにとって2つのヨーロピアンカップ優勝を意味する日付
5月27日、インテルにとって2つのヨーロピアンカップ優勝を意味する日付

 ミラノ発 – インテル・ファンにとって5月22日が歴史的な2010年の三冠達成を意味する日なら、5月27日も祝福されるべき日だ。インテルは2年連続で5月27日にヨーロピアン・チャンピオン・クラブズ・カップ優勝を果たした:1964年の決勝の対戦相手はレアル・マドリード、1965年の対戦相手はベンフィカだった。

1964年5月27日

 ディ・ステファノ、プスカシュ、ヘントを擁し、ヨーロピアンカップで5回の優勝を経験しているクラブ、レアル・マドリード。インテルが波乱を巻き起こすのは難しいと思われたが、“魔術師”エレーラ率いるインテルにとって、それは不可能と同じ意味ではなかった。ウィーンのプラターシュタディオン。インテルはタニンがディ・ステファノをマンマークすることにより、同選手の生み出す危険なチャンスを封じようとする。ネラッズーリのゴールを守ったのはジュリアーノ・サルティだ。ウォーミングアップ中に打撲を負ったインテルNo.1だったが、痛みをこらえてパーフェクトなゲームをしてみせた。

 100%集中した守備とピッチ外でも準備万端に整った状態:これが監督エレニオ・エレーラの選んだチームの武器だ。そして真のチャンピオンがネラッズーリのカウンター攻撃を仕掛けた。ハーフタイム前に右足でロングシュートを決め、インテルに先制ゴールをもたらしたのはマッツォーラだ:爆発的で、実に見事な美しいシュートだった。後半に入り、マドリードの強烈なプレッシャーに晒されるインテルだが、偉大な主将ピッキの好パフォーマンスでリードを守る。60分にはミラーニが右足でゴール下に決めて2点差としたが、その10分後にフェロのアクロバティックなゴールで2-1とされた。ゴール枠直撃のシュート、ゴールラインぎりぎりでのピッキのクリア、そして強いハートで戦い続けるインテルがロス・ブランコスを抑え続け、最後にマッツォーラがもう1ゴール挙げてネラッズーリの勝利を確実なものとした。マッツォーラの歴史的なドッピエッタによって、ネラッズーリは会長アンジェロ・モラッティの元、史上初のヨーロピアンカップ優勝を果たした。

1965年5月27日

 ウィーンでの決勝から1年後、準決勝でリヴァプール相手に見事な逆転劇を果たして決勝に進出したネラッズーリは、サン・シーロでエウゼビオ擁するベンフィカを迎え撃った。エレーラ指揮下のインテルで前年のスターティングメンバーから変更されたのは2人:マドリード戦でのタニンの役割を担い、エウゼビオを抑えることになったのはベディンだ。そしてミラーニに代わりペイロが先発メンバーに名を連ねた。エウゼビオは雨で濡れたピッチの上でも鮮やかなプレーを見せるが、サルティが見事なセーブで失点を防ぐ。そして42分、ついに試合が動いた:ファッケッティのロングパス、マッツォーラとコルソの素晴らしい連係、そしてジャイールにスルーパスが通り、同選手がゴール下目掛けて右足を一閃した。水、泥、緊張。ベンフィカGKのコスタ・ペレイラがボールをキャッチしようとしたが、ボールは同GKの足の間をすり抜けてゴールに入った。1-0。後半にはマッツォーラに勝負を決める絶好のチャンスが訪れるが、ペレイラとポストに阻まれた。このセーブでペレイラが負傷したが、当時交代制度はなくベンフィカは10人でプレーすることになり、ジェルマーノが代わりにゴールに立った。多くの不利な要素にもかかわらず、ベンフィカは同点の機会を作る。しかし再びサルティが対戦相手の得点を阻止した。試合終了の笛が鳴り、インテルは1点のリードを守って勝利すると、2年連続でヨーロッパ王者に輝いた。

1963-64シーズン、ヨーロピアンカップ決勝

インテル 3-1 レアル・マドリード、1964年5月27日 ― ウィーン、プラターシュタディオン

インテル:サルティ、ブルニチ、ファッケッティ、タニン、グアルネーリ、ピッキ、ジャイール、マッツォーラ、ミラーニ、スアレス、コルソ
監督:エレニオ・エレーラ

レアル・マドリード:ビセンテ、イシドロ、パチン、ミュラー、サンタマリア、ソコ、アマンシオ、フェロ、ディ・ステファノ、プスカシュ、ヘント
監督:ミゲル・ムニョス

主審:ヨーゼフ・シュトル(オーストリア)

得点者:43分マッツォーラ、60分ミラーニ、70分フェロ、76分マッツォーラ

1964-65シーズン、ヨーロピアンカップ決勝

インテル 1-0 ベンフィカ、1965年5月27日 ― ミラノ、サン・シーロ

インテル:サルティ、ブルニチ、ファッケッティ、ベディン、グアルネーリ、ピッキ、ジャイール、マッツォーラ、ペイロ、スアレス、コルソ
監督:エレニオ・エレーラ

ベンフィカ:コスタ・ペレイラ、カヴェン、クルス、ジェルマーノ、ラウル、ネット、コルナ、ジョゼ・アウグスト、トーレス、エウゼビオ、シモンイス
監督:エレク・シュヴァルツ

主審:ディーンスト(スイス)

得点者:42分ジャイール

ル 1-0 ベンフィカ、1965年5月27日 ― ミラノ、サン・シーロ

 


Versione Italiana  English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española 

タグ: inter forever

関連ニュース

Load More