Inter Calling:ベッカロッシとアルトベッリ

INTER CALLING:ベッカロッシとアルトベッリ

 インテルで共にプレーした6シーズンで数々の素晴らしい試合やゴールを経験した元ネラッズーリ選手2人が、インテルTVに登場した。

 ミラノ発 - 見事な試合、テクニック、クリエイティビティ、そして特に数々の忘れがたいゴール。エヴァリスト・ベッカロッシと“スピッロ”・アルトベッリの関係はピッチの中でも外でも常にハーモニーに満ちていた。

 こちらをクリックして、Pirelli協賛の三冠十周年を祝う特別なホール・オブ・フェーム2020に投票しよう。

 Inter Callingの今日のエピソードのスターは、1980年にインテルにとって12回目のスクデット獲得を成し遂げたチームについて多くを語ってくれた:「最初の試合から最後の試合まで、私たちがずっと1位についていた。素晴らしいシーズンで、私たちのグループは格別だった」と話し始めたのはエヴァリスト・ベッカロッシだ。「ハンジ・ミュラーが加入して、彼と私はスピッロをサポートするためにプレーした。ピッチ外ではいつも共に過ごしていたよ。オリアリも一緒だった」

 一致団結したグループ。そして監督ベルセッリーニは、アルトベッリ曰くチームをどのように管理すればいいかよく知っていた:「私たちには特別素晴らしい監督がいて、アッピアーノで共に多くの時間を過ごした。私たちは1つのグループとしてまとまっていて、よく部屋でお喋りしたし、とても関係性が深く、誰もが皆のために戦い、素晴らしい結果を出すことができた。その秘密はベルセッリーニのトレーニングにある。トレーニング場では何時間も費やしたが、日曜日には全て2倍の速さで行った。まさに私たちがそうであったように、勝つためにはチームのハーモニーと一致団結したグループであることが必要だ。普段は3日間トレーニングを行っていたが、カップ戦があるとそれはもっと長くなる。だから試合や対戦相手のことも含めてとても多くのことを話し合っていた。そしてそれは私たちにとって本当に必要なことだった。お互いのことをとても良く知っていたし、チームメイトが何をするつもりか事前にわかっていた」

 ピッチでのハーモニーについて、ベッカロッシは次のように語っている:「ブレシアで一緒にプレーしていたから、スピッロは私のことを既に知っていた。私は彼の動きを理解した上でどのようにパスを送ればいいかわかっていたし、彼は私の動きに基づいていつ動き出すべきかわかっていた。ピッチでは多くのハーモニーがあった。ローマ戦での私たちの特に素晴らしかったプレーをいくつも覚えているよ。あの試合では私が1ゴール、スピッロが2ゴール決めて3-0で勝利した」

 インテルTVでこのエピソードの抜粋を見よう:


English Version  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  中文版 

Load More