真のジェントルマン:ジジ・シモーニを「同氏の選手達」が追悼

真のジェントルマン:ジジ・シモーニを「同氏の選手達」が追悼

 モリエーロからガランテまで:穏やかな真のインテリスタにまつわる思い出

 ミラノ発 - ジジ・シモーニが語り始めると、落ち着いた空気が漂う。それは彼がピッチ上で、トレーニングで、そして人生において伝えてきた感情だ。彼は親切な人物であり、善人であり、この上なく優れた監督だった。何世代もの選手たちにとり父親のような、尊敬すべき存在だった。1997-98シーズンのインテルは「シモーニのチーム」として認識されている。そして、パリでのUEFAカップを制覇したことで、誰の心にも深く刻まれたチームだ。

 「一人を除いては、皆同じだ」。1997年の夏、彼が自己紹介の際口にした一言は、摩擦の引き金となり得た。しかし、彼の言うその「1人」はロナウドを指しており、チームはフェノーメノを前にした同監督の率直な言葉を評価した。「彼は直ぐ本題に入り、私たち全員が自分たちの力を証明せねばならないと言ったが、ロナウドについてのあの言葉は、どんなぎこちなさをも打ち消し、一瞬で私たちの心を掴んだ」と、シモーニの死を悼む色を滲ませた声でフランチェスコ・モリエーロは語り、「才能ある選手を揃えたチームだったが、何より25年経った今も変わらず友人であり続けた選手達が固く団結していた」と続けた。

 「ピアチェンツァでプレーした時のことを覚えている。シモーニは私がボールをパスしないと非難した。彼は私を交代させようとし、私は左サイドへ移動した。そしてボールを奪い、相手をかわして得点を挙げた。その後ドレッシングルームに向かいながら、こう言ったんだ。監督、見ましたか?あれでもパスを出すべきでしたか?2人でそのことについて、大笑いをしたよ」

 「彼は選手を人間として理解し、また選手の特性を捉え、誰にでもチャンスを与え全員を大切に扱った。忘れ難い沢山の思い出を楽しんだものだ、モスクワでのUEFAカップの試合前に、ロナウドが約束した2ゴールとかね。ジジのおかげで私たちは皆、その年にインテリスタになったんだ。彼が忍耐を失うのを見た記憶はない。いつも審判に礼儀正しく、真のジェントルマンだった」

 ファビオ・ガランテも口を揃える:「シモーニはチームと非常に緊密な関係を築き、誰1人、彼と衝突することはなかった。彼は集団を率いる能力にこの上なく秀でており、謙遜を忘れることがなかった。私たちにとって、彼は本当に父親のような存在だった。彼は落ち着きを失うことがなく、いつも平穏を与えてくれた」

 その例として、インテル対レアル・マドリード戦前夜の出来事が挙げられる:私たちは一様に浮かぬ顔をし、空気は緊張感に満ちていた。ジジはこちらに寄ってくると言ったんだ。君たち、なぜ皆してそんなに心配しているんだ?レアル・マドリードと対戦するわけじゃあるまいし...。皆が笑い始めたよ」

 ベッペ・ベルゴミはジジ・シモーニのおかげで、自身のキャリアにおいて4度目のワールドカップ出場を果たした98年大会について言及。フランチェスコ・コロネーゼは同氏をこう表現した:「陽気、謙虚で、お人好しで、純粋」。

 そして、1997-98シーズンにキャリアの絶頂期を迎えたロナウド。インテルと同ブラジル人、そしてクレバルコア出身の監督は特別な絆で結ばれている。インスタグラムのアカウントでフェノーメノがジジに別れを告げた言葉が、全てを物語っている:「ジジ・シモーニは私にとって、ただの監督ではなかった。今日、彼について思いを馳せる時、私はやるべきことを指示するのではなく、なぜそれが大事なのかを説いた、賢く素晴らしい人物を思い出す。クリスマスに撮った写真のような、先生を思い浮かべる。彼は指揮者で、私たちはオーケストラだった。あの笑顔、あの常に穏やかな声、あの貴重なアドバイスの数々を思い出す。もっと勝てたかもしれないし、勝たばならなかったはずだ。だが彼が常に促してくれたことで、私たちは共に勝利を手にすることができた。ありがとう、監督。あなたは私に、想像できる以上のものを与えてくれた」

1/5
真のジェントルマン:ジジ・シモーニを「同氏の選手達」が追悼
真のジェントルマン:ジジ・シモーニを「同氏の選手達」が追悼
真のジェントルマン:ジジ・シモーニを「同氏の選手達」が追悼
真のジェントルマン:ジジ・シモーニを「同氏の選手達」が追悼
真のジェントルマン:ジジ・シモーニを「同氏の選手達」が追悼


Versión Española  English Version  中文版  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia 

Load More