22年前にロナウドが厳しい環境の中で2得点

22年前にロナウドが厳しい環境の中で2得点

 1998年4月14日、エル・フェノメノがUEFAカップ準決勝スパルタ・モスクワ戦でドッピエッタ。

 ミラノ発 – 泥の中で踊れるのか? 答えはイエスだ。おがくず、霜、泥に覆われたプレー環境の限界を超えるピッチ上を相手と対戦できるか?答えはイエス、もしエル・フェノメノならばだ。1998年4月14日モスクワは凍える寒さに包まれた。雪はピッチの端まで除去されたが、ルジニキのフィールド上には芝生1本もなく、泥とおがくずだけ。そしてインテルのUEFAカップ決勝への進出に暗雲が漂っていた。

 インテルはサン・シーロでの1stレグでスパルタ・モスクワを2-1で下したが、2ndレグは最悪の形でスタートした。当時スパルタ・モスクワ監督ロマンステフ率いるチームは果敢な攻撃で試合を始めたがロナウドの同点弾(44分)で前半を1-1で終えてしまう。

 しかしそれは安全なスコアとは言える程ではなかった。しかし試合終了ホイッスル15分前に、エル・フェノメノは最も伝説的なゴールの1つを奪う。同選手はサッカーをすることがほぼ不可能であったピッチで自身の全スキルと品格を示した:ボールをコントロール、スピン、ドリブル、サモラーノとワンツー、2人のディフェンダーの間を抜け、相手キーパーをいなして冷静にネットを揺らした:容易さと優雅さ。

 それは素晴らしい得点というだけではなく、5月6日にクラブ史上3度目のUEFAカップ優勝を果たしたインテルのパリ決勝進出にも重要なゴールだった。


Versión Española  Versione Italiana  English Version  Versi Bahasa Indonesia 

Mosca, la danza di Ronaldo sul fango - Coppa Uefa 1997/1998

Load More