インテルクイズ!今季に関する9つの問題と答え

インテルクイズ!今季に関する9つの問題と答え

 ツイッターとインスタグラムで行われたクイズの答え。

 ミラノ発 - 先週インテルヒストリー(こちらをクリック)に関する問題を出したが、今回は2019-20シーズンに関する問題。アントニオ・コンテ率いるチームの全てを知っている?Opta社の協力のもと、9つの問題と答えを紹介する。

1) ゴール&アシスト:今季インテル選手で最も得点(28得点)に関与している選手は誰?

ロメル・ルカク
23得点5アシスト:ルカクは今季チームで最もゴールに関与している選手。同ベルギー人選手はリーグ戦25試合出場17得点2アシスト。チャンピオンズリーグでは2得点2アシスト(プラハ戦での左アウトサイドでラウタロのゴールをアシストしたクロスを含む)。加えてコッパ・イタリアでは2得点、ヨーロッパリーグでは2得点1アシスト。

2) 現在のチーム内で最もインテルで公式戦に出場しているアウトフィールド選手は誰?

アンドレア・ラノッキア
 2012年から現在まで公式戦324試合に出場しているサミル・ハンダノヴィッチがチーム最多だが、アウトフィールド選手で言えばアンドレア・ラノッキだ:32歳の同DF選手は2011年1月にインテル加入を果たして、これまで201試合に出場している。

3) これまでの今季公式戦でチーム最高のパス成功率を記録している選手は誰?

ボルハ・バレロ
今季ボルハ・バレロは公式戦15試合出場、リーグ戦とコッパ・イタリアで1得点ずつ奪っている。ビルドアップで常に鍵となり、中盤でほぼボールを失うことがない同スペイン人選手はパス成功率91.8%。ヨーロッパリーグでは合計136本のうち134本成功(98.5%、ルドゴレツ戦2試合)。

4) 今季最もチャンレンジを成功しているインテル選手は誰?

マルセロ・ブロゾヴィッチ
 運動量、パス成功数などのランキングで常にトップを走る同クロアチア人選手は闘争心も兼ね備えている。ブロゾヴィッチは44回のチャレンジに成功(タックル本数の50%以上成功)。 

5) 今季インテル選手2名が6アシストを記録しているが、アシストの可能性があったパス本数ランキングでは誰がトップ(4.2)?

アントニオ・カンドレーヴァ
 アシストの可能性があったパス本数ランキング:Opta社の説明では同タイプのパス、パスの結末、パスの長さを含めた要素。アントニオ・カンドレーヴァは常に右サイドで全力のアップダウンを繰り返して危険なクロスを相手ペナルティーエリア内に送っている。同項目に関してはトップの数字。

6) 今季最少の被シュート本数を喫した試合は?

ルドゴレツ対インテル戦
 今季ヨーロッパリーグ・ラウンド32第1戦:敵地でのルドゴレツ戦でインテルは2-0の勝利を収め、95分の間にホームチームのシュート本数を1本(枠外)に抑えた。

7) 今季最多シュート本数を記録したゲームは?

インテル対ヴェローナ戦
 記録的なシュート本数、驚異的な数字である。今季セリエAのヴェローナ戦でインテルは38本のシュートをシルヴェストリが守るゴールに放った(17本は前半、21本は後半)。 そのうち11本は枠内シュート、9本は枠外シュート、18本はシュートブロックされた。ベシーノのヘディングゴールとバレッラの美しいゴールでインテルは2-1で勝利している。

8) 1994-95シーズン以降でセリエAゲームに先発出場したインテルの最年少選手は誰?

セバスティアーノ・エスポージト
 17歳172日:セバスティアーノ・エスポージトは2019年12月21日に4-0で勝利したインテル対ジェノア戦で先発出場。同時に21世紀では最年少となるインテル先発メンバーとなった。さらにネラッズーリ背番号30はPKで得点獲得:インテル史上2番目の最年少セリエA得点者となった。最年少得点ものはマリオ・コルソ(17歳97日)、エスポージトの後ろにはマリオ・バロテッリ、アルド・カンパテッリ、ロベルト・チェサティが並んでいる。

9) 今季公式戦の中で10本以上(シュートブロックも含む)シュートを放っているインテル選手の中で最も枠内シュート率が高い選手は誰?

クリスティアーノ・ビラーギ
 今季ビラーギは精確なシュート能力を発揮してヨーロッパリーグのルドゴレツ戦では得点も決めている。同イタリア人サイドプレーヤーは7本(シュートブロック数を除く)のうち5本がシュート枠内。


中文版  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  English Version  Versione Italiana 

Load More