デ・フライ「今は家に留まらないといけない」

デ・フライ「今は家に留まらないといけない」

 同ネラッズーリDF選手がネラッズーリファンの質問に答えた。

 ミラノ発 – シュクリニアルとダンブロージオに続き、新たなネラッズーリ選手の番がやって来た。ステファン・デ・フライが自宅からクラブ公式ソーシャルメディアに寄せられた多くの質問に答えた。

クリックして募金に寄付しよう

 「今僕らが生きている状況は簡単ではないが、適応しないといけない。そして最善を尽くして同時にウィルスに勝つまで待つんだ。僕は毎日2回トレーニングをしている、TV鑑賞と読書をたくさんしているね:この期間で既に4冊読み終えた」

 ファンはサッカーを恋しがっているが、デ・フライはファンを恋しがっている:「インテルファンは素晴らしい、彼らは常にスタジアムを満員にするし、ピッチ内外でどんな時も後ろで応援してくれる。選手にとってはそれは本当に重要で彼らの信頼に応えられるように努力するつもりだ: ピッチ上とピッチ外での小さなジェスチャーでね」

 競技面について:「コンテのもとで成長しているし、多くを学んでいる。僕はハッピーで、全員が真摯にコンテの指揮に従おうと試みているよ。シュクリニアル?彼はトップディフェンダーだ、最高の男で、彼とプレーのは本当の喜びだね」

 今季の #DerbyMilano でデ・フライは名前を刻んだ:「ACミラン戦での2得点は最高で、そして当然だが直近で決めたゴールは歴史的逆的勝利に重要だった」

 「ずっと自分のお気に入りのスポーツはサッカーだと考えた。テニスをに挑戦していた時もね。この情熱を僕にくれたのはサッカー選手だった父親だった。子供の頃、以前所属していたフェイエノールトを応援していた。最初はFW選手としてスタートして、徐々にポジションを落として中盤の底、16歳にはサイドバック、そして最後にセンターバックに行き着いてファーストチームでデビューを飾ったよ。子供の時は憧れた選手が沢山いたけど、1つの目標がずっと僕を感化していた:更に良くなった自分になること」

 「キャリアの中で多くのトップ選手をマークしてきた、例えばメッシ、ロナウド。最近ではエムバペと対峙したね:彼は本当に足が速く、ついていくのが難しい。ファンダイク?彼は並外れた代表のチームメイトだ、彼から多くを学べるよ」

 「僕がプレーしたビックマッチの1つは当然2014年W杯スペイン戦だ。僕らは5-1で勝利して、自分も得点を決めた。忘れられない一戦だね」

 最後に重要なメッセージを語った:「トレーニングに戻る時、仕事を再開して改善を続けることを目指す。ピッチ上に踏み入れることは最高の感情だが、今は他のことに集中を保たないといけない:最も大事なのは家に留まることだ」


中文版  English Version  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana 

タグ: de vrij
Load More