ホアキン・ペイロ:インテルの追悼の意

ホアキン・ペイロ:インテルの追悼の意

 クラブは元ネラッズーリFW選手の家族に寄り添う。

 ミラノ発 – ホアキン・ペイロが84歳でこの世を去った。1936年1月29日にマドリードで生まれた同元FW選手は1964年から1966年まで当時監督エレニオ・エレーラ率いるグランデ・インテルのメンバーだった。同在籍期間で同故人はスクデット(2度)、インターコンチネンタルカップ(2度)、ユーロピアンカップ(1度)のタイトルを獲得。インテルで公式戦47試合出場16得点を記録した同故人の名前はネラッズーリの歴史に永遠に刻まれる。そして1965年5月12日、ユーロピアンカップ準決勝リヴァプール戦でホアキンが決めたゴールは決して忘れられることはない。

 FCインテルナツィオナーレ・ミラノはホアキン・ペイロの死去に深い追悼の意を示し、同故人の家族に心からお悔やみを申し上げる。 


Versione Italiana  English Version  Versión Española  中文版  Versi Bahasa Indonesia 

Load More