チームとして共に、あなたの力を貸して!

チームとして共に、あなたの力を貸して!

 インテルがミラノのルイージ・サッコ病院を支援するクラウドファンディングキャンペーンを開始した。

 ミラノ発 – チームとして共に。これはクラブのホームで共鳴しているメッセージだ。我々は外出できないが、コロナウイルスとの闘いで大きな貢献をするために多くのことが出来る。 

こちらをクリックしてフェイスブック上のクラブクラウドファンディングに寄付

 インテルは募金キャンペーンを通じて、#TogetherAsATeamというメッセージを送る。Facebookのボタンをクリック(こちら​​​)するだけで、資金調達に貢献することができます。同募金はフランチェスカ・ラバ財団(NPH Italia Onlus、更なる情報はこちら)との共同で実施されている。収益はミラノのルイージ・サッコ病院生物医学・臨床科学部に寄付される。

 スティーブン・チャン会長を皮切りにインテルは重要な取り組みを通じて具体的な行動をとっている。

コンテ「共にこの危機を乗り切る」

 アントニオ・コンテ監督は全員にルールに従うように求めた、シンプルだがとても重要なリクエストである:

 「家に留まり、ルールをリスペクトすることをお願いしたい。これはこの緊急事態に立ち向かう唯一の方法だ。困難でタフな瞬間だが、我々がと一致団結すれば乗り越えられる」

ハンダノヴィッチ「小さな寄付でも大いに役立つ」

 ネラッズーリ主将サミル・ハンダノヴィッチはインテルファンにルールへのリスペクトと募金キャンペーンの参加を呼び掛けた:「今は気分が優れうない瞬間であり、我々はそれを認識している。家にいる可能な限りの時間を家族と過ごす時間として楽しもう。そしてサッコ病院のための募金キャンペーン参加を呼び掛ける。小さな寄付でも大いに役立つ」

サネッティ「医師たちは類い稀な仕事をしている」

 インテル副会長ハビエル・サネッティもネラッズーリの非常に重要なキャンペーンの最前線に立っている:「我々は緊急事態の中にいる、とても難しい瞬間だ。我々は今まで以上に責任ある行動を取る必要があり、ルールを尊重して家に留まろう。医師たちは類い稀な仕事をしている。我々が行なっている募金キャンペーンに協力しよう。全ては良くなる」

全ファンがクラブ募金キャンペーンに貢献可能、シンプルにこちらをクリック: #TogetherAsATeam!


Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  English Version  Versión Española  中文版 

Load More