インテルアカデミー・ジャパンの2019-2020シーズンが終了

インテルアカデミー・ジャパンの2019-2020シーズンが終了

 重要な目標を達成し、日本で偉大な成果を挙げた

 東京発- ネラッズーリのスキルと哲学スタンダードに沿った継続的なプロジェクトを日本で行っているインテルアカデミー・ジャパンにとって、今年は成長の一年となった。

 日本サッカー連盟の公式大会に参加する1年目において、U11とU12のチームはすぐに重要な目標を達成した。

 2007、2008年生まれの選手によるU12は東京都U12サッカーブロックリーグで優勝すると、更に820チームが参加したJFA全日本U12サッカー選手権において4位に入る活躍を見せ、来シーズンは去年より2クラス上の階級となるU12東京2部グループへの参戦を勝ち取った。

 U11も同じく重要な目標を達成した。東京で最強の20チームが集まる「プレミアリーグ」の予選リーグを勝ち抜き、1部リーグへの昇格を決めた。

 2020-2021シーズンも彼らの更なる活躍に注目!


English Version  Versione Italiana 

Load More